マクドナルド「ポテトショック」の深刻度 輸入遅延繰り返すおそれ

印刷
A
A

生産や輸入の現場に目を向けると、状況はまだまだ波乱含みだ。

マクドナルドの店頭では、マックフライポテトの一部休売について掲示されている

業績絶好調の外食企業を襲ったのは、「ポテト騒動」だった。

「マクドナルド」を展開する日本マクドナルドホールディングス(HD)は、2022年1月9日から「マックフライポテト」のM・Lサイズの販売を一時休止、Sサイズのみの販売という対応を講じた。米国やカナダで生産されている、原材料のジャガイモの輸入が遅延しているためだ。

マクドナルドは21年の12月24~30日にも、同商品のMサイズとLサイズの販売を一時休止していた。1週間と短く済んだこの期間とは異なり、今回は1カ月程度にわたる販売休止を余儀なくされた。

マックフライポテトに使われる原材料のジャガイモは主に船で輸送されるが、港湾労働者やコンテナの不足を理由に米国などでは滞船が生じている。船便の経由地であるカナダのバンクーバー港近郊で起きた大規模な水害も影響した。

そこにカナダでの大雪や航路上での悪天候が重なり、22年1月上旬から中旬に予定されていた船便の到着にさらなる遅れが生じた。

M・Lサイズの販売は2月初旬にも再開する予定だが(2月1日時点)、休売はこれが最後とは限らない。新たなリスク要因もすでに見えているからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内