PhotoGallery

「クラウンパトカー」が超お買い得価格の驚き

警視庁の210系クラウン警らパトカー軍団。大型のグリルが迫力!(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
ロイヤルがベースの210系クラウン警らパトカー。視認性に優れる昇降式の警光灯を備えている(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
アスリートがベースの210系クラウン交通取り締まり用パトカー。警ら用と交通用でベース車のタイプが分けられたのは210系が初(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
210系クラウン交通覆面パトカー。ルーフから反転式警光灯を出して緊急走行を行っている(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
覆面パトカーが多すぎて皮肉にも超有名車になってしまったキザシ(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
当初はA20が大量に導入された初代アリオン。事件現場がアリオンだらけになることもしばしばあった(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
2018年6月に寄贈された日産GT-R。その迫力のスタイルで、広報効果は抜群のはず(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
2020年9月に寄贈されたレクサスLC500。世間をあっと言わせたスーパーパトカー(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
昼夜問わず活動を見かける警察のパトカーたち。あまりお世話になりたくない存在だが、その仕様や装備、そしてお値段は気になるところ。例えば白黒パトカーの場合は、ベース車に赤色灯やサイレンア…
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア