有料会員限定

19年秋開始目指す楽天 疑問多いキャリア参入 格安料金と高品質は両立可能か

印刷
A
A
三木谷社長は7月17日の出店者向けイベントで「日本でトップになる」「日本人の半分が使うサービスにする」と豪語(撮影:大澤 誠)

特集「窮地の格安スマホ」の他の記事を読む

MVNO(仮想移動体通信事業者、格安スマホ)首位、楽天のキャリア参入まであと1年3カ月。現在は、MVNOの「楽天モバイル」として、約150万人(今年1月時点)の利用者を持つ。一方、キャリア(通信事業者)としては詳細の不明な点が多い。設備投資額の少なさや、通信品質を不安視する声も少なくない。

「3年契約なら、最初の2年間は毎月1480円(税別)で利用できます」。7月中旬、都内の楽天モバイルの店舗を訪れると、スタッフに強く推された。1カ月の規定データ量は2ギガバイト、1通話10分間までなら通話し放題の主力プラン「スーパーホーダイプランS」に3年契約で入ると、元の月額料金2980円が、2年目まで楽天会員なら1480円になるという。2年契約よりも月500円安いため、店員によると大半の人が3年契約を選ぶという。

楽天がこの新プランを開始したのは今年6月だ。それまでは2、3年契約とも割引額は同じだった。プランSなら1年目1980円だが、2年目は通常の2980円に戻る形だった。ただ、2年契約では楽天ポイントが1万ポイント、3年契約では2万ポイント付くなど、より長期の契約に誘導していた。今回の改定は、2年契約と3年契約の間で差をつけたことで、より長期の契約者を増やそうとしているとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内