有料会員限定

日本のインフラが狙われる! これがサイバー戦争の最前線だ

印刷
A
A

ますます高度化するサイバー攻撃。個人情報が標的となる事例が目につくが、本当に危ないのは知的財産やインフラである。

(本誌:東出拓己)
写真:サイバー攻撃の標的となったイランのブシェール原子力発電所。インフラが攻撃対象となりうることを世界に見せつけた

[記事のポイント]

(1)サイバー攻撃というと個人情報流出が想起されやすいが、世界ではいま知的財産やインフラ設備がターゲットにされている

(2)知的財産の窃盗による損失は、個人情報流出よりも直接的だ。国内でも多数発生しているが、被害者は外部からの報告で初めて気づく

(3)海外では発電所などインフラ設備への攻撃が相次いでいる。日本の評価を下げるために東京五輪が狙われるリスクにも注意が必要だ

 

サイバー攻撃はもはや、企業経営の根幹を揺るがしかねない脅威となったことは、日本でも認知が進んでいる。

象徴的な事件は、業務委託先の元社員が約2895万件もの顧客情報を不当に取得して売却したベネッセコーポレーションの個人情報流出である。これで中核事業である通信教育講座の会員離れに拍車がかかり、国内会員数は事件前の365万人から243万人へと激減した。このインパクトは想定以上に大きく、3期連続の減収減益となった2016年6月、「プロ経営者」で知られる会長兼社長の原田泳幸氏は辞任を余儀なくされた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内