PhotoGallery

新宿の文壇バー主人「コロナ禍2年」の切実な体験

ゴールデン街で文壇バーを運営するかたわらフリーライター・ジャーナリストとしても活動する肥沼和之さん(筆者撮影)この記事の画像を見る(◯枚)
新宿ゴールデン街にある「プチ文壇バー 月に吠える」(筆者撮影)
店内にはたくさんの本が並んでいる(筆者撮影)
厳しいコロナ禍を乗り越え、以前の賑わいを取り戻しつつある(筆者撮影)
コロナ禍になって2年半近く。この間、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置など経済活動のさまざまな制約によって、われわれは不便な生活を強いられ、経済的なダメージを受けた人や企業も多い。中…
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア