PhotoGallery

自死した17歳バレー部員、遺族が納得できない訳

部活動での苦しみについて遺書を残し、17歳で命を絶った新谷翼さん。今なお遺族が納得できない理由とはーー(写真:筆者撮影)
当時、記者会見で語る父親の新谷聡さん(撮影:梅谷秀司)
当時、教育委員会が作った調書。対象はバレー部員や教員など関係者53人。調査書はA4で20ページにわたり、部員や他教員に、顧問による亡くなった生徒に対する言動などを聴き取りしている(写真:筆者撮影)
(出所)日本スポーツ協会ホームページ
不来方高校バレーボール部保護者らがA氏救済を求めた嘆願書署名の募集用紙(『スポーツ毒親 暴力・性虐待になぜわが子を差し出すのか』より)
「先生からも怒られ、バレーボールも生きることも嫌になりました。ミスをしたらいちばん怒られ、必要ない、使えないと言われました」「こんなことをしてしまって本当にごめんなさい。許して下さい…
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア