PhotoGallery

東急田園都市線ホームドア「支障」の意外な共通点

ホームドアのセンサーを清掃する様子=研修施設にて(記者撮影)
ホームドアのセンサーを清掃する様子=研修施設にて(記者撮影)
「汚れ検知」のドアを開けてセンサーを清掃する駅係員。対策でこのようなケースは減った(写真:東急電鉄提供)
駅名の下にある2つの出っ張りが支障物検知センサーだ(記者撮影)
各開口部にある支障物検知センサー(記者撮影)
ホームドアの操作盤=研修施設にて(記者撮影)
田園都市線のホームドアはセンサーの汚れを検知するとアラートが出る=研修施設にて(記者撮影)
センサーの汚れによる支障の多かった田奈駅。見通しのいい高架で周囲は農地などが広がる(記者撮影)
センサーの汚れによる支障の多かったつきみ野駅。掘割で風が強いという(記者撮影)
通過列車による風はセンサーの汚れにつながる(記者撮影)
田園都市線のホームドア取り付け作業=2018年、たまプラーザ駅(記者撮影)
田園都市線のホームドアは電車の停車を検知して開く(記者撮影)
目黒線などのホームドアは信号装置と連動している(記者撮影)
ホームドアは風雨にさらされながら日々稼働している(記者撮影)
ホームドアの「3D支障物検知センサー」(記者撮影)
「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから
ホームドアのセンサー汚れ支障対策を編み出した長津田駅管内の4人。左から西田助役、須崎さん、木内さん、荒川さん(記者撮影)
首都圏をはじめ都市部の路線で設置が進むホームドア。乗客の転落や列車との接触などといった事故の防止に大きな効果を発揮する一方で、ホームドアそのものによる新たな悩みも生まれている。想像が…
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア