経営者のための経営情報サイト for THINKERS

sponsored by accenture

for THINKERSは最先端のデジタルの知見を駆使し企業革新を図る経営者と共にあり、
日本のビジネスを再び世界の最先端に導いていく「道しるべ」を担っていきます。

良品計画元会長が語る
生産性向上の秘訣とは何か Vol.4

生産性向上には「中小企業」「オーナー企業」「販管費が低い企業」をヒントにする

社員からの反発を招きやすい経営改革。それでも効果につながれば皆が納得することに気づいた松井氏は、残業を減らすことにも知恵を絞る。さらに現場の問題点を把握できるように監査室を使って、トップと現場の距離を縮めるよう努めた。それは今の働き方改革を進めるうえでヒントになるだろう。そのために経営者には鳥の目と虫の目が必要であり、「全体」と「細部」を見ないと問題は解決できないと松井氏は言う。

続きを読む

ホンダジェットの革新的イノベーションの秘密
事業化の道をこじ開けて戦略的に価値創造に挑む Vol.4

新しい交通システムを創造してこそホンダがやる意味がある

性能だけでなくデザインなどディテールにこだわったホンダジェット。欧米並みのスタンダードを築くことで、世界トップクラスの受注を獲得。開発で大事なことは、自分ならどう考えるか。常に一人称で発想していくことだと藤野氏は語る。

続きを読む

良品計画元会長が語る
生産性向上の秘訣とは何か Vol.3

生産性向上にはリアルに現場の状況を把握できるようにすること

販売量を増やす中で、あらためて商品開発力の重要さに気づいた松井氏。その向上の秘訣は、商品開発の失敗の歴史をデータベースにして、“見える化”することにあった。そうすれば、新しいスタッフも現状の到達点からスタートできて、時間を浪費せずに済む。手応えをつかんだ松井氏は、スタッフの働き方に注目するようになるが、大きな問題があった。

続きを読む

ホンダジェットの革新的イノベーションの秘密
事業化の道をこじ開けて戦略的に価値創造に挑む Vol.3

戦略的に説得し、実物を見せて共感と支持を得る

ホンダジェットの事業化に向けて用意周到に意思決定をしていく藤野氏。そのヒントになったのは、藤野氏が学生時代に熱中した卓球だった。技術競争が進む卓球の世界とビジネスの世界を重ね合わせながら戦略的に飛行機開発を進める中、さらなる問題が浮上する。

続きを読む

良品計画元会長が語る
生産性向上の秘訣とは何か Vol.2

生産性向上には成功や失敗の歴史を“見える化”すること

無印良品の経営改革を担うことになった松井氏。しかし、当時の流通・サービス業は経験主義が採られ、何事もスタッフの能力次第。会社には何も「勝つための仕組み」がなかった。良品計画が初期に取り組んだ大きな課題は商品開発力の向上だった。販売量を増やすことで解決しようとし、そのために直営店だけでなく、FC出店にも手を広げていく。

続きを読む

ホンダジェットの革新的イノベーションの秘密
事業化の道をこじ開けて戦略的に価値創造に挑む Vol.2

ゴーサインはなくても事業化を見越してすべての意思決定をする

業務命令で携わることになった飛行機開発。藤野氏は本場アメリカに渡り、理論だけでなく実際に経験を積む中で、新しい視点や直観力、洞察力を磨いていく。それが結果として、次のイノベーションのインスピレーションの源泉となっていった。日本とアメリカを往復する生活。だが、プロジェクトはいったん、終わりを迎える。しかし……。

続きを読む

良品計画元会長が語る
生産性向上の秘訣とは何か Vol.1

生産性向上に必要なことは社風を変えること

無印良品を展開する良品計画。現在は流通・サービス業界の勝ち組企業として知られるが、2000年当時は急激な業績不振に陥り、復活も危ぶまれた赤字企業だった。そのとき立て直しの先頭に立ったのが、松井忠三氏だ。2001年に社長に就任し、38億円の赤字から大掛かりな経営改革を断行。さらに創業以来11年続いた海外の赤字も02年には黒字転換させ、現在、日本を含む28の国と地域に876店舗を展開する礎を築いた。その経営改革は、今問われている生産性向上、そして働き方改革を進めるうえで、大きなヒントになると言われる。企業風土を変えて、仕組みから改革を促すという松井式経営改革の秘訣とは何か。現在、社外取締役や経営コンサルティングなどで多くの企業にアドバイスを行う松井氏に話を聞いた。

続きを読む

ホンダジェットの革新的イノベーションの秘密
事業化の道をこじ開けて戦略的に価値創造に挑む Vol.1

ゼロから立ち上げて全体が見える仕事がしたい

小型ビジネスジェットを革新し、世界で高い評価を受けているホンダジェット。創業から30年以上を経た1986年に航空機の研究に着手して以来、さまざまなトライ&エラーを繰り返しながら、業界の常識を覆す新しいモビリティの世界を切り開いてきた。その開発過程では、どのようなイノベーションがなされたのか。研究開発から事業化までを主導してきたホンダ エアクラフト カンパニー社長兼CEOの藤野道格氏に、一橋大学イノベーション研究センター特任教授の米倉誠一郎氏が迫った。

続きを読む