ライフスタイル

女性ウケも完璧、SUV「ベイビージャガー」登場

ジャガーが送り出した後悔しない「先物買い」

高級車でもスポーツカーでも知られたジャガー。2018年2月22日に日本で受注開始された「E-PACE(イーペイス)」は、なんと全長4.4メートルのコンパクトなSUVだ。外観は少し背が高いオフロードテイストだが、乗ると楽しさも感じられる。

ジャガーの日本法人のマグナス・ハンソン社長は「SUVとスポーツカーの二面性を持つクルマ」と発表会で定義したが、まさにその言葉にぴったりのモデルであり、「ベイビージャガー」という愛称がよく似合う。

エンジンが活発で加速がよく、カーブでは操縦性がよく安定していて、高速道路のような直線では快適である。外観も躍動感があり、クロームの使い方などがぜいたく。一方で室内はジャガー車の美点である高級素材をふんだんに使い、快適に仕上げてある。

ジャガー・ランドローバージャパンでは、扱いやすさと高品質感をもって、このE-PACEは、女性を多く含んだ30代に買ってもらいたいとしている。視点の高さといい、反応のいい車体の動き(運転しやすさにつながる)といい、大人が無理なく乗れる後席空間といい、静粛性の高い室内といい、確かにユーザーを選ばない。

ジャガーにはFタイプという高性能のスポーツカーや、XJという豪華で速い大型サルーンがあるが、E-PACEはまったく違うマーケットに打って出たモデル。その“賭け”の結果はおそらく吉と出るのではないか。

クルマでもDNAという言葉を使う。ジャガーというメーカーの場合、運転して気分が晴れ晴れする痛快さもそのうちの一つだ。E-PACEは休日のドライブを劇的に楽しくしてくれるクルマであることに違いない。

フロントウィンドウの隅に配したジャガー親子のモチーフ(左)とドアミラーのアプローチライト(右)

日本でのラインナップは、選ぶ楽しみがたっぷりある。エンジンは3タイプ。ガソリンは300馬力の「P300」と249馬力の「P250」(Pは英国でガソリンを意味するペトロルからだろう)。ディーゼルは180馬力の「D180」だ。駆動方式はすべてAWDとジャガーが呼ぶ4輪駆動。

仕様は大きく2つだ。「E-PACE」とスポーティな「R-DYNAMIC」。1年間は専用車体色、専用シート、専用ホイール、それにパノラミックサンルーフなどを装備した「ファーストエディション」が併売される。装備レベルは標準をはじめ「S」「SE」「HSE」の4タイプ。運転支援システムやタイヤサイズ、快適装備のレベルや内装素材が少しずつ異なる。価格は「D180」が451万円から。ガソリン仕様では「P250」が475万円からで、「P300」が605万円からとなっている。「ファーストエディション」は「D180」が738万円、「P250」が764万円である。

もし懐が温かければ、クルマ好きには300馬力エンジンを勧めたいところだが、ほかのエンジンでもレンジローバー・ヴェラールなど既存車種の同エンジン搭載車を操縦した経験からすると、すばらしい出来だ。

スタイリッシュなコンパクトSUVは、2018年に競争激化が予想されるセグメントだ。その代表的な1台がジャガーE-PACE。先物買いをしても決して後悔しないだろう。

4月30日まで抽選1名様に新型「E-PACE」プレゼント

「E-PACE」の受注開始にあわせて「E-PACEが当たる #BABYJAGUARを探せ。」キャンペーンがスタートしている。特設サイト内のゲーム感覚で楽しめるコンテンツで、応募者の中から抽選で1名に、2.0リッター4気筒INGENIUMディーゼル・エンジンを搭載した「E-PACE」が当たるキャンペーンだ。ぜひ、挑戦してみてはいかがだろうか。

お問い合わせ
ジャガーコール
  • 0120-050-689