ロールケーキに見出した高級チョコの新境地

「本格志向」と「日本人の嗜好」がベストマッチ

アルチザン パレオドール「ルーローカカオ(1本/約16cm)」1500円(税抜き)

日本の高級チョコレート専門店で、チョコレートのロールケーキがヒットしている。

1845年創業のスイスのチョコレートブランド「Lindt」(リンツ)の商品を日本で提供する「リンツ ショコラ カフェ」では、この4月から、チョコレートのロールケーキ「ルーロー・オ・ショコラ」の販売を始めた。2010年のオープンからこれまでヨーロッパのトラディショナル(伝統的)なチョコレートケーキをベースにしたスイーツを定番としてきたリンツで、「ロールケーキ」は初登場。発売初日から人気を博しているという。

ロールケーキは日本だけのオリジナル

リンツ ショコラ カフェ「ルーロー・オ・ショコラ」 700円(税抜き)

特長的な食感のバランス。しっとりとした生地にはチョコレートチップとキャラメリゼしたアーモンドが練り込まれ、中心のチョコレートムースはふんわりと濃厚。しっとりもちもちとした生地と、なめらかでふわりと軽いチョコレートクリームのバランスが絶妙だ。プチプチとはじけるほどよいかみ応えの生地が新しく、チョコレートの風味を堪能できるのもたまらない。

「ロールケーキは日本だけのオリジナル商品。日本人が昔から慣れ親しんできたケーキをリンツのチョコレートを使って作ることで、本格的な味を身近に楽しんでいただく提案をしています。チョコレートはそのままでももちろん、お菓子にすることで無限においしくなる可能性を秘めています」。リンツ&シュプリングリージャパンの篠原みどりさんは言う。

次ページ中には口溶けまで計算したチョコレートチップを
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。