スタバ以上の旋風?「ブルーボトル」の自信

あの会社とも交渉、でも結局は単独進出

2月6日にオープンするブルーボトルコーヒーの清澄白河ロースタリー&カフェ。ブルーボトルでは生豆を毎日焙煎し、一杯ずつバリスタが手でドリップするのが特徴だ

「こんな大勢の人が来てくれるとは思わなかった。懐かしい友達、初めて会う方々も。本当にうれしい。日本に店舗、そしてファクトリーを開くことは私の長年の夢だった」。

清澄白河の店舗は倉庫のような外観だ。トレードマークは社名の通りブルーのボトル

「コーヒー業界のアップル」との異名を持つ、米ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)の店舗がいよいよ2月6日に東京・清澄白河にオープンする。これに先駆けて3日に開かれた関係者向けのレセプション。創業者でCEOのジェームス・フリーマン氏は、店舗がいっぱいになるほど詰めかけた関係者を前に、照れくさそうにこうあいさつした。

"完璧な一杯"を徹底的に追求

創業者でCEOのジェームス・フリーマン氏。この日は入り口で招待者一人一人に声をかけていた

同社にとって初の海外進出となる清澄白河の店舗は、面積約240平方メートル。2階建ての1階部分が店舗(8席)兼コーヒーの焙煎エリアで、2階がキッチン兼オフィスになっている。この日のレセプションでは、ブルーボトル自慢のハンドドリップコーヒー、店舗で販売するマフィンやグラノーラなどが振る舞われた。招かれた関係者たちは入れ替わり立ち替わり、フリーマン氏に駆け寄る。記念撮影を求める人も後を絶たない。

スターバックスコーヒーなど米国生まれのコーヒー店が日本に進出するのは珍しいことではない。にもかかわらず、ブルーボトルはなぜここまで熱狂を持って迎えられるのか。

クラリネット奏者だったフリーマン氏がサンフランシスコ近くのオークランド市でブルーボトルを創業したのは2002年のこと。豆の産地や生産方法にこだわるだけでなく、自社店舗で毎日焙煎をし(焙煎した豆は48時間以内に使用)、バリスタたちが手でドリップするスタイルは、ブレンド豆をコーヒーメーカーで大量に抽出するという米国での従来のコーヒーの概念を大きく変え、その後の"サードウェーブ"と呼ばれる高品質コーヒーブームの火付け役にもなった。フリーマン氏の「完璧な一杯」を求める姿勢が「コーヒー業界のアップル」と呼ばれるようになったゆえんだ。

次ページハイテク業界の大物が次々出資
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
「グッバイジャパン」の悪夢

外国人投資家が日本株を見切り始めた!アベノミクス相場の買いの主役であった中東資金や欧米ファンドが猛烈な「日本売り」に転じている。このまま海外勢から見放されてしまうのか。

  • 新刊
  • ランキング