清澄白河の超個性派カフェへ行ってみよう

ブルーボトルの出店で賑わうカフェの街

ARiSE COFFEE ROASTERS店主、林大樹さん
All Aboutカフェガイドの川口葉子氏が個性の光るとっておきのカフェを、豊富な写真とともに紹介していく新連載。第1回は、ブルーボトルコーヒー1号店の開店により注目を浴びる清澄白河(東京・江東区)の名店を訪ねる。

 

2013年秋、林大樹さんが自宅にほど近い静かな交差点に開いたわずか6坪の焙煎所兼コーヒースタンド「ARiSE COFFEE ROASTERS(アライズ コーヒー ロースターズ)」は、開店直後から、コーヒー好きの老若男女が集まる人気店となった。

小さな店内の4分の1ほどは焙煎機に占拠され、背後の壁にはスケートボードが並んでいる。決して小ぎれいな店構えではないし、飲みものはコーヒーしかない。だが、「売っているのはコーヒーだけじゃない」と、林さんは自負と笑いを含んだ声で言う。彼はものごとを面白がる姿勢で生きており、その彼がローストするコーヒーと、会話と、笑いに惹かれて、人々が集まってくるのだ。

ARiSE COFFEE ROASTERSの外観

清澄白河エリアのあくせくしない空気が好きで、林さんは14年前からこの地で暮らしてきた。「新旧のバランスがいいのがこの町の魅力。昔から住んでいる年配の方々だけの町じゃない。アートに関心のある若い人たちやクリエイターの移住も増えて、多様な人々がいる。また、チェーン店が少ないのも清澄白河の個性を生んでいると思う」。

いつでも、誰に対しても同じ態度で気さくに接するのが信条。地元の個人店の店主たちとも日頃から交流を深めているおかげで、遠方からアライズを訪れたお客に「昼食はどこに行けばいいでしょうか」などと訊ねられれば、間髪を入れずに地図をひろげ、人数や雰囲気にふさわしいお店を教えることができる。そう、さながら町のコンシェルジュ、案内役だ。

コーヒーもこの町も、好きになってほしい

良質のコーヒーを提供するのはコーヒー店として当然の責務。それを果たした上で意識するのは、「初めて清澄白河に来た人に、どうやって町を好きになってもらうか。最初に入ったお店次第で町の印象が左右されたりするから」

アライズが町の案内役のようなコーヒー店になったのは、この町と、少年時代から乗っているスケートボードが培った路上で遊ぶ精神と、沖縄本島のコーヒー屋さんたちの影響が渾然一体となった結果らしい。

次ページこうしてアライズは生まれた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。