東栄住宅

いつの時代も、憧れは「庭付き一戸建て」

大公開! 日本人が戸建てに住みたい理由トップ10

現在、住宅ローンは日銀のマイナス金利導入に伴い、過去最低の金利を維持し続けている。その恩恵を受けやすいのも新築一戸建ての特長だ。新築マンションは、竣工の1年以上前に部屋を購入する「青田買い」が基本。それゆえ、契約時に今の金利で借りられる保証はない。だが、新築一戸建ての建売住宅であれば、すでに完成している物件をすぐに購入するので、翌月の金利でローンを組むことが可能になる。(※未完成の建売住宅の場合、タイムラグが発生することもある)

不動産は資産だ。自分たちの願望をかなえたうえで、子どもに残せる資産を手に入れたい

これら購入時のメリットに加え、売却時に重要となる「資産価値」についても、興味深いデータがある。一戸建ての場合、建物の資産価値は20年でゼロになるとされるが、実際のデータはそうはなっていない。築0~5年の中古一戸建ては3710万円で成約し、そこから緩やかに下降し、築6~10年で3657万円と約1.4%しか下がらない。築21~25年でも、2681万円を維持している。一方、中古マンションは築0~5年だと4739万円で成約しているのに、築21~25年になると1729万円まで下落。約3分の1になる。

「この数値はあくまで平均値ですが、空室率が高い、賃貸率が高いなどのマンションは資産価値がガクっと落ち、いざ売ろうとしても売れません。でも一戸建てならば、最後は土地が残るので一定の資産価値が保たれます。加えて、修繕などが自分でできるので、適切に管理すれば、建物の価値も維持できます」(前出・山下氏)

メーカーの自助努力と市場環境の変化により、適正価格で高品質になっている一戸建て。しかも、実は中古価格も下落しにくい。マンションよりも高い、売りにくい、という先入観を捨ててじっくり吟味すれば「理想の家」に出合える可能性が増えそうだ。

お問い合わせ
東栄住宅
東京都西東京市芝久保町4-26-3
 042-463-0220
コーポレートサイト
ブルーミングガーデン
やっぱり戸建てに暮らしたい
Vol.2 今どきの「建売住宅」で失敗しない五箇条
ページはこちら
Vol.3 マイナス金利時代の住宅ローン
ページはこちら
Vol.4 業界別平均年収ランキング、年収別シミュレーション
ページはこちら
Vol.5 ヒートショックを防ぐ家、防げない家
ページはこちら