「営業はもうイヤ」と嘆く女性にモノ申す!

「企画やマーケティングがいい」と叫ぶ人たち

「営業をやめたい」という女性がたくさんいます(写真:DamianTan / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

今回は、企画の仕事がしたかったのに営業に配属され、将来に希望が持てないと嘆く女性の方からご相談をいただきました。

【ご相談】
商品開発やマーケティングなどに挑戦したくて、今の会社に就職しました。それなのに、配属先は営業となってしまってたいへんショックを受けています。想像していた職場と違い、朝から夜遅くまで走り回り、時に理不尽と感じる顧客からの要望にも応えなければならない、体育会系の毎日。
周囲の先輩たちも「営業は潰しがきかない」「将来のキャリアイメージが持てない」とぼやいていて、目標にできるような人もいません。20代を無駄にしないためにも、すぐにでも転職すべきではないかと考え始めています。長く営業をされてきた堂薗さんに、ぜひアドバイスをいただきたく、よろしくお願いいたします。

「営業がイヤ」という相談が多すぎる!

会社員時代、何度、こういった相談をされたことでしょう。時に泣きながら、時に激昂しながら、若い女子社員が「営業」の仕事をなじる。「そこまで言わなくても……」「営業やってる私にこんなこと言うわけ?」と思うくらい、ぼろかすに言われたことを思い出します。

この手の相談をされると、男性上司って、「誰それに相談してみるといいんじゃないか?」などと先輩営業女性に振ったりすることが多いんですよね。「お前、うちの○○から連絡あると思うからさ。相談に乗ってやってくれや。ようやく一人前になりかけたとこだから辞めさせないように。モチベーション高めてやってくれ」などと連絡をもらい、有無を言わさず引き受けさせられる。切実な思いをつづった本人からの連絡メールを受け取っては、「上司自身が自分でちゃんと向き合ってあげたらいいのに!」と憤りを感じたものです。

かく言う私は、リクルートの人材系事業で、営業担当を8年やり、営業管理職も10年以上やってきました。入社した日に「東京営業部渋谷営業所 営業担当」と書かれた辞令をもらったときは、衝撃のあまりあなたと同じように泣きたくなり、すぐにでも退職したい気持ちでいっぱいになりました。

もともと求人広告のコピーを書く仕事がしたくて、リクルートに入ったのです。そのうえ、そもそも実はものすごい人見知りだし、営業への偏見のようなものさえばっちりあったので、本当にがっかりしたのをよく覚えています。

次ページ営業はつまらなくて、軽い仕事?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。