カリスマ「ビール売り子」と新人の決定的な差

「5時間で売り上げ2倍」の開きが出る5つの理由

東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・コボスタ宮城スタジアムで売り上げトップを誇る佐藤瑞穂さん(20)

日増しに暑くなるこの季節。今シーズン、すでに各チームが70試合近くをこなしたプロ野球も、これから一層の盛り上がりを見せそうだ。

そんな野球場で選手と同じように奮闘するビールの売り子さん。東洋経済オンラインが、5月に配信した「時給8000円を稼ぐ『ビール売り子』の超仕事術」「一流の『ビール売り子』が体現する商売の鉄則」という2本の記事には、大きな反響が寄せられた。

タレントの「おのののか」さんが、かつて東京ドームのカリスマ的なビールの売り子だったことは有名だが、最近では、ロッテの本拠地QVCマリンフィールドが、ビールの売り子をしながらアイドル活動を行う6人グループ「カンパイガールズ」を誕生させるなど、球場のビール売りという仕事の注目度が一層高まっている。

売り上げトップを誇る佐藤瑞穂さん(左)と、バイトを始めたばかりの新人、猪野春菜さん(右)

その中でも、「カリスマ」と呼ばれるほどの、売り上げトップのビール売り子たちは、ほかの子といったい何が違うのだろうか。当たり前ながら、ビールの売り子はキャバクラ嬢ではないわけで、お客側が恋人気分を楽しめるほど密接なコミュニケーションは取れない。いかに端麗な容姿があったとしても、それだけで圧倒的な売り上げを稼ぐこともできない。

カリスマは5時間で15万円以上を売る

カリスマ売り子は、5時間程度の勤務時間のうちに一気に15万円以上を売り上げてライバルに圧倒的な「差」をつける、その秘密はいったい何なのか?TBSテレビ『この差って何ですか?』取材班は、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・コボスタ宮城スタジアムで売り上げトップを誇る佐藤瑞穂さん(20)と、バイトを始めたばかりの新人、猪野春菜さん(18)に密着し、カリスマと新人の「この差」を観察した。

まず、2人が向かったのは、着替えのためのロッカールーム。用意された専用のコスチュームに着替えるのだが……なんと、この準備の段階ですでに「差」が生じていた。

①勝負は「身だしなみ」から始まっている!

売り子さんのコスチュームは、すべてビール会社ごとにデザインが決まっていて、決まりの帽子に決まりのショートパンツ。コスチュームで個性を出すのはなかなか難しい。しかし、カリスマ売り子の佐藤さんをよく見ると、彼女の帽子には小さなピンバッジがいくつか付いていた。

それは、東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝記念バッチ。こうしたグッズは熱心な野球ファンが見ればすぐにわかるため、チームへの想いを共有することで自分の常連客になってもらう戦略だ。

次ページいよいよ仕事がスタート!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。