景気が拡大しても国民の生活は貧しくなる

今までの経済常識が通用しない時代が来た

国民の生活が貧しくなるのは、国家が間違った経済政策を採用しているからだ(写真:共同通信)

行き過ぎたグローバル化と株主資本主義

まず、以下の定式をご覧ください。

「景気が拡大する」=「国民生活が向上する」
「GDPが増加する」=「国民生活が向上する」
「失業率が低下する」=「国民生活が向上する」
「企業収益が拡大する」=「国民生活が向上する」
「株価が上昇する」=「国民生活が向上する」

少なくとも1990年代半ばまでは、これらの定式が成り立っていました。しかし、2000年以降の経済データを子細に見ていくと、この定式はもはや成り立たなくなってしまいました。これは、世界経済のグローバル化と株主資本主義の行き過ぎに起因するものと考えられます。

たとえば、2000年以降もアメリカのGDPと企業収益は拡大基調を辿ってきましたし、株価も右肩上げりを続けてきました。ところが、国民の実質賃金は低下傾向を抜け出せず、国民の生活は疲弊の度合いを強めてきたのです。おまけに、経済格差も史上最悪のレベルにまで拡大してしまいました。

その結果として、2011年に「ウォール街を占拠せよ」をスローガンとした大規模デモが起こったのですし、2014年~2015年にかけて全米各州で最低賃金を大幅に引き上げる動きが広がっているわけです。

次ページアメリカを追って、日本国民の実質賃金も低下
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。