原油価格、「1バレル30ドル時代」が来る

イランの制裁解除はシェール革命に匹敵

米国の大学でイランとの「核合意」への支持を訴えるオバマ大統領。本格的な和解が実現すれば、原油価格は長期的に低位で安定する可能性が高い(写真:AP/アフロ)

これからの世界経済を俯瞰するとき、私がもっとも注目しているのは、アメリカが進めようとしているイランとの和解です。

なぜイランの経済制裁解除は衝撃的なのか

なぜアメリカとイランの和解が、世界経済を動かすほどの影響力を持つといえるのでしょうか。

その理由のひとつは、イランが中東屈指の大産油国でありながら、これまではアメリカが主導する経済制裁によって、世界の原油市場において主要なプレーヤーになりえなかったからです。もし2015年末~2016年前半にイランの経済制裁が解ければ、世界のエネルギー市場にはシェール革命以来の激震が走ることになるでしょう。

原油価格が1バレル100ドルを挟んで上下していた頃、私は拙書『シェール革命後の世界勢力図』(2013年6月刊行)において、「原油価格は今後、1バレル150ドルを超えることはない。3年後には原油価格は半値になっているだろう」と予測しました(「原油1バレル=150ドル時代は2度と来ない」「シェール革命に翻弄される国々」を参照)。

実際には、それから2年あまり経った現在、原油価格はすでに1度半値になり、現在は1バレル40ドル台で推移している状態ですが、アメリカとイランの和解が本当に進むのであれば、私はさらに一歩踏み込んで「原油価格は今後2度と、1バレル100ドルさえも超えることはなくなるだろう」と申し上げておきましょう。

次ページ原油の確認埋蔵量は大幅に増えている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。