「オールブラックス」が海外で稼ぎ始めた理由

ラグビー不人気の米国でも6万人超の大観衆

昨年秋、日本に上陸したオールブラックスの“別働隊”「マオリ・オールブラックス」。きっちり日本に2つ勝って面目を保った

米国シカゴで行われたイーグルスの試合に6万2000人の観客――。米国でこの人数となるとアメリカンフットボールの話のようだが、実はそうではない。イーグルスとは同国のラグビー代表のこと。昨年11月、このイーグルスの試合に、なんと6万2000人が足を運んだのである。

「強いもの好き」の米国人の心をとらえた

米国は“ラグビー後進国”。アメフトを筆頭に「三大スポーツ」と称される野球、バスケットボールに比べると、競技人口も少なく、人気はイマイチだ。にもかかわらず、当日の競技場の観客はほぼ満員。試合後のダウンタウンのレストランでは、多くのファンがラグビー談義に花を咲かせたという。

日本もラグビーの話はあまり流行らなくなってしまったが、1980年代にはラグビーが花形スポーツと称され、改修前の東京・国立競技場で行われていた当時の大学ラグビーは、観客がスタンドを埋め尽くしていた。

スポーツでの国立競技場の観客動員は1964年の東京五輪開会式と閉会式を除くと、実は1位が1982年の「早明戦」であることはあまり知られていない。だが、今やそれも遠い昔の話。2019年にはW杯開催が決まっているというのに、盛り上がりを欠き、最近ではラグビーで6万2000人の観客動員を記録することなど考えられない状況だ。

その日本よりも人気のないはずの米国でなぜ、多くの人が集まったのか。疑問を解くカギはイーグルスの対戦相手である。「オールブラックス」。「世界最強」のニュージーランド代表チームだ。そのブランド力は抜群。「強いもの好き」といわれる米国国民の心を捉え、三大ネットワークのNBCも試合を放映した。

実は、日本にも同時期に、「マオリ・オールブラックス」が上陸していた。日本代表と試合を行った。「マオリ・オールブラックス」はオールブラックスの“別働隊”。ニュージーランドのマオリ族の血を引く選手のみで構成されたチームだ。実力はナショナルチームに見劣りするが、日本代表と戦った2試合はいずれもきっちり勝利を収めた。

こうした海外でのゲームは、北米やアジアの市場を開拓しようというオールブラックスのブランド戦略の一環だ。ニュージーランドではラグビーが国技の一つ。多くの人たちが幼いころから遊び道具として楕円のボールと戯れる。オールブラックスの選手は国民的英雄だ。

次ページ胸にはAIGのロゴ、オールブラックスも「進化」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。