カープ黒田投手がこだわる「もう一つの契約」

断ったのはヤンキースだけではなかった

11日に2勝目を挙げたカープ黒田投手。「レジェンド」黒田がこだわる「もう一つの契約」とは?(写真:河南真一)

いまやすっかり「レジェンド」(伝説)という言葉が似合う広島の黒田博樹投手。4月11日の阪神戦(甲子園)では、自ら打者としてタイムリーも放つなど活躍。日本復帰初登板になった3月29日のヤクルト戦(マツダ)に続き、今季2勝目(1敗)をマークした。

ちまたで黒田の「男気」にまつわる話題は、今も引きも切らない。ヤンキースからの21億円ともいわれるオファーを蹴って、9年ぶりに広島復帰。その心意気に日本人は喝采した。

一方で、アスリートとしては年齢的にも下り坂の黒田が、メジャーからの大型契約を振り切ったことだけがクローズアップされているようだ。だが彼の〝義侠心〟はそれだけではないのだ。

ヤンキースで活躍後も、SSKと専属契約を継続

実は、黒田はプロ入りして以来、ずっと大手スポーツメーカーSSK社(本社・大阪市)と専属アドバイザリー契約を結び続けている。

アドバイザリー契約に関しては、日本だけでプレーする選手でも、所属先を変更するのは珍しくない。それだけに黒田が名門ヤンキースのエース格にのし上がった後も、結局SSK1社で専属契約を貫いているのは超異例と言える。

次ページなぜ黒田は他のメーカーになびかなかったのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。