元格闘家、古木はもう野球をあきらめたのか

トライアウト2年連続挑戦した古木は今……?

 華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には、名誉と莫大な報酬がもたらされる。
 しかし、高年俸を稼ぐスター選手の裏には、競走に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手を、ドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの「戦力外通告 クビを宣告された男達」だ。
 過去10年にわたってプロ野球選手を追いかけてきたTBS「バース・デイ」取材班と、スポーツジャーナリスト石田雄太氏が、3回に渡り、プロ野球界のもうひとつの姿をレポートする。
パワーヒッターとして活躍した古木克明選手。横浜ベイスターズとオリックスに在籍した(写真:杉本哲大/アフロスポーツ)

古木がトライアウトを受けなかった理由

プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達~」という番組がある。その番組で、2011年、2012年と、2年連続で登場したのが、横浜ベイスターズなどで活躍した古木克明(33)だ。

古木は、“戦力外”という世界の中で、ある意味“スター”となった。クビを宣告された男たちが、サバイバルを勝ち抜くための戦い場・トライアウトにおいて、観客から最も声援を受けるのが、古木であった。

少なくとも現役時代の晩年を過ごしたオリックス時代よりも、戦力外通告を受けてからのほうが、彼はスポットライトを浴びていたかもしれない。

彼には、プロ野球の世界を離れた後、格闘技に身を投じ、大晦日の格闘技番組に登場するなど、派手な波乱万丈のストーリーがあった。そして、結局、野球があきらめきれないと、野球の世界に戻ろうとあがいた姿には、男の哀愁と夢があった。

その古木は今、何と戦っているのだろう?

バッティング練習を行う古木選手

実は、古木には、あるうわさがあった。2013年11月に行われたプロ野球合同トライアウト。そのトライアウトを古木が受験するのではないか、というものだ。もし、姿を現せば、3年連続の挑戦となる。

“戦力外”の“スター”、古木克明が、また不屈の挑戦を続けるために、トライアウトにやってくるのでは……? しかし、結論から言えば、古木はトライアウトを受験しなかった。

古木は、もう野球をあきらめたのか? 古木は今、何と戦っているのだろうか?

次ページ2009年10月、戦力外通告
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。