大塚家具の株主総会、久美子社長側が勝利

委任状争奪戦は「かぐや姫」に軍配

[東京 27日 ロイター] - 大塚家具<8186.T>が27日に開いた株主総会で、長女の大塚久美子社長が続投する会社提案の取締役選任案が承認された。創業者で会長の大塚勝久氏と長女で社長の大塚久美子氏が争った委任状争奪戦は、久美子社長勝利で決着が付いた。 

大塚家具では、父と娘が経営権をめぐって委任状争奪を繰り広げてきた。株主総会では、久美子社長の続投と創業者の勝久会長の退任を求める議案が可決され、勝久会長の社長復帰と久美子社長の退任を求める株主提案が否決された。

勝久会長は「中低価格の路線にかじを切った経営路線は誤りだ」として、久美子社長の経営を批判。一方、久美子社長は「高級家具だけを売るのではなく、気軽に立ち寄ってもらう店舗づくりをする」などとし、会員制で高級路線だった勝久氏の経営との違いを打ち出していた。

株主総会は終わったものの、派手に繰り広げられた「お家騒動」は、イメージ悪化を招いた。消費増税前の駆け込み需要があり、14年2月は4.7%増とハードルが高かったこともあるが、15年2月の全店売上高は12.6%減と大きく落ち込んでいる。 (清水律子、撮影:梅谷秀司)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。