出世欲が消えた!人生を変えた「40歳婚」

自分時間ゼロになっても、もはや悔いなし

(イラスト:堀江篤史)

「インタビューは僕でよければお受けします。現状の生活サイクルでは『平日の12~13時の間』という制約がありますが……(汗)。この条件でよければ受けさせていただきます。そんなに面白いネタはないかもしれませんが。ご検討いただければ幸いです」

テレビ局の管理部門で勤務する鈴木恭一さん(仮名、47歳)から取材OKの返信が来た。プライベートの時間を確保できるのはランチタイムだけらしい。理由は仕事の忙しさではない。終業時間を迎えたら脇目も振らずに帰宅して、専業主婦をしている妻に代わって3歳と1歳の娘たちをお風呂に入れるからだ。

晩婚さんにして新婚4年目の鈴木さんは、父性愛に目覚めたのだろうか。勤務先近くのカフェで待ち合わせをした。まずは長い独身時代について聞きたい。

実父の死で思い知った「僕はひとり」

「30代半ばを過ぎると同世代はだいたい結婚して子育てを始めるので、独身だと特に週末はひとりで暇ですね。だから、昼からビールを飲んじゃいます。飲み干した缶を積み上げてトーテムポールを作るのが趣味だったのですが、5、6本重ねると倒れちゃう。その頃には僕も酔っ払って倒れちゃう。タハハハ……」

すぐに崩壊する空き缶トーテムポール制作を趣味と呼べるのかは微妙だが、独り暮らしの様子と自虐笑いの才能は伝わってくるエピソードである。そんな恭一さんが初めて寂しさを覚えたのは10年前、地方の実家に住んでいた父親が他界したときのことだ。

「母はずっと寝たきりで姉たちが引き取って世話をしています。葬式では親戚も集まったのですが、式が終わるとそれぞれの家庭に帰っていく。親父がいなくなった実家に僕がひとりで泊まり、『俺にはもう帰る場所がないんだな』と痛感しました」

姉たちからは「お母さんの面倒は見るけれど、お前の面倒は見んからな!」と宣言された。恭一さんは恋愛や結婚に関心がなかったわけではない。大学時代からの男友達と10年以上にわたって合コンを繰り返していた。

次ページ思いがけず訪れた”ロマンス”
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。