売れすぎiPhone6、なぜこんなに好調なのか?

シェア急上昇をもたらした3つの理由

日本は例外だが、iPhone6は欧米、中国など世界の主要市場で劇的にシェアを引き上げている(撮影:尾形文繁)

アップルが昨年9月に発売した「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が驚異的ともいる好調さを見せている。

イギリスの調査会社Kantar Worldpanelが1月7日に発表した最新のスマートフォン市場調査によると、2014年9~11月期において、iPhoneは米国、欧州、そして中国でシェアを伸ばしたという。前年同期と比較すると、米国で4.3%、ドイツで4.1%、英国では実に12.2%もシェアを積み増した。これらの国々では、グーグルのAndroidやその他のプラットホームはシェアを大きく落としており、特に米国ではAndroidスマートフォンとiPhoneのシェアがほぼ拮抗した。

中国でもiPhoneは1.1%のシェア拡大。ただしAndroidも1.8%の伸びを見せた。その他、イタリア、オーストラリア、フランス、スペインなどの国々でも、iPhoneは好調だ。

一方、同社のデータで急減速を見せた唯一の国が日本。とはいえ、iPhoneは販売シェア53.8%を獲得しており、5割を超えている国は日本のみだ。前年の9~11月には、NTTドコモからのiPhone発売というビッグイベントがあったため、iPhoneは69.1%ものシェアを記録しており、15.3%ものシェア「急減速」になった。

好調を支える3つの理由

iPhoneが好調な理由はなんだろうか。スペック面で比較すると、64ビットプロセッサは確かにまだ優位性として残っているが、メモリが1ギガバイトのままにされた点は、開発者やユーザーにとって不満材料といえる。ストレージ容量は、16ギガバイトでは少なすぎるとして米国で集団訴訟に発展しており、一般的な人でも足りないレベルだ。

また拡大されたディスプレイサイズや解像度もAndroidの世界では決して特別なものではない。金属ボディのデバイスも増えているし、薄さも最も薄いという地位はそう長くは続かなかった。

次ページなぜiPhoneが支持されるのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
イレブンカット 「時短美容室」の秘密

関東と関西を中心に183店舗を展開する美容室「11cut(イレブンカット)」。11分で1500円の手軽さが最大の売り。鮮魚店出身の社長が率いる美容業界の新星は独自手法で急成長中だ。

  • 新刊
  • ランキング