2015年の日本株の勝ち方を教えよう

「今年は日本株の独歩高」説は本当か

2015年の日本株は材料が豊富。投資戦略は、実はたてやすい(imasia)

なぜ2015年の日本の大発会は、世界の注目を浴びるのか

まず、2014年最終日のNYマーケット(12月31日)からもう一度振り返ろう。NYダウは「160ドルぴったり安」の1万7823ドル07セント、ナスダックは41.39ポイント安の4736.05ポイントで終了した。

結局、「年末ラリー」は不発に終わったわけだが、12月1日のダウが1万7776ドル80セントなので、かろうじて月足はプラス。ナスダックも12月1日は4727.34ポイントでこちらもスレスレセーフ。

元旦のコラム「3年目の『アベノミクス相場』は期待薄?」では、年の初めは2日からだが、同時に週末となり、盛り上がらないと予想したが、やはりダウ9.92ドル高ながら、ナスダック9.24ポイント安とかなり低調だった。今年に限っていえば、暦のマジックもあり、世界の新年は事実上、日本の大発会から始まることになる。

しかし、その日本株。ダウやナスダックの月足はかろうじて陽線だったが、日経平均株価は年末の連続安で陰線となった。新年の期待はあまり盛り上がっていない。昔から、「初日が1年の縮図」と言われる。新年のスタートはどうなるか?世界が見つめているのに、盛り上がらないのだろうか。

次ページ2015年の日本株のヒントは、すでに14年末にあった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。