日本株に意外なXmasプレゼント、中身は?

「ダウの呪い」を解くカギが見つかった?

アメリカは世界の株価を支えられるだろうか?一方で、日本株には思わぬ「Xmasプレゼント」も(ロックフェラーセンター・Xmasツリー、ロイター/アフロ)

1万7000円を大きく割れた後、日経平均株価は急速に切り返した。日本株の予測には、アメリカの株価をしっかり見ておくことをお勧めするが、そのアメリカは前週どうたったか。12月19日のNYダウは26.65ドル高の1万7804.80ドル、ナスダックは16.98ポイント高の4765.38ポイントと続伸した。原油先物の反発を好感した。

NYダウは、再び「あとわずか」で史上最高値更新

世界経済を不安に落とし入れている原油安だが、「減税のようなものだ」として株を買い、「原油が反発した」と好感しては株を買う。結局、独り勝ちアメリカ経済の余裕だろうか。投資家はクリスマスを前にしてとにかく株を買いたかったようだ。ダウはあとわずか154ドルで再び史上最高値を更新する。

しかし、今週は、株高・ドル高で世界を支えてきたこのアメリカのマーケット関係者の大半が、クリスマス休暇に入る。アメリカの動きがおとなしくなると、世界はどうなるのか?

例えば「震源地」となったロシアでは、下院が銀行セクターの資本を最大1兆ルーブル(約165億ドル)拡充する法案を可決した。西側の経済制裁に対する対抗・防御措置だ。

一方で、ロシア株はここ2日間で21%も上昇している。このように、クリスマス前に安全ゾーンのアメリカに逃げ込んだ投機資金が、クリスマス中にリスク資産に再び戻る気配もある。ただ、クリスマスがある「めでたい週」だが、警戒は必要だ。特に日本株は、ここまでの急上昇の利益確定売りが出やすくなる。

次ページ日本株にクリスマス前にマジックが?どういうことか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。