オラクル、「クラウド活用」で何ができるのか

オラクルオープンワールド2014現地リポート(2)

2日目のキーノートにも大勢の聴衆が詰めかけた

9月29日、2日目を迎えたオラクルオープンワールドは朝一番から大勢の聴衆を集めた。基調講演(キーノート)では、マーク・ハードCEOが登壇、様々なゲストを招きいくつも事例を紹介した。続いてデータベースのセッションや、屋外での講演も実施されるなど、充実のプログラムが用意された。

企業の取り組み、先進事例が次々披露

2日目の最初のキーノートを行ったオラクルのマーク・ハードCEO

2日目は朝8時半からキーノートがあり、大勢の聴衆を集めた。オラクルのマーク・ハードCEOによるキーノートはクラウドのビジネス価値について、さまざまな企業の取り組みを紹介する試みだった。

冒頭で昨夜の新製品や新サービス発表を振り返ったハードCEO、話題の中心はクラウドだった。企業のIT担当者は、予算を抑えられる中でも、革新が求められるている。特に大企業の場合は、古いレガシーシステムの維持にもコストが割かれる。一方で、企業間の競争は止まることがないためだ。そこで、クラウドに移すことで資金を節約し、革新に力を振り向けようというのだ。

まず、ゲストとして呼ばれたのが、流通大手のウォールグリーンズのティム・セリーCIO。同社が狙っているのは大きくいって以下の3つ。それは、店舗そのものを革新したいということ、そして顧客にいい経験をしてもらいたいということ、そして、ロイヤリティプログラムだ。

次ページゼロックスは課題にどう取り組んだか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。