こうすれば、「ベンチャー転職」は怖くない!

将来性は不透明でも、これだけは見ておこう

いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)ディレクターが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

【キャリア相談 Vol.11】 ベンチャーへの転職で気をつけるポイントは?
大企業を飛び出して挑戦したい! (写真:アフロ)
 現在、大手企業に勤めていますが、ベンチャー企業への転職を考えています。まだ20代後半であり、何かと挑戦できる年齢でもあるため、どんなことがあろうと、結果がどうであれ、挑戦してみたいと決意しています。
 しかし、いきなり大きく外したくありません。最終的には自分で判断せざるをえないと思っていますが、懸けてみるべきベンチャー企業を見る際に気をつけるポイントがあれば、ぜひ教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。
ベンチャー命(仮名)

 

経営陣に共感できるか?

大手企業に勤めながら、ベンチャー企業への転職を積極的に考えていらっしゃるとのこと。ご自身のキャリアにとってさらなる成長を求めてベンチャーへ、ということかと察します。

そのような中、「懸けてみるべきベンチャー企業を見るポイント」ということですが、個々人の考え方や、どのステージのベンチャーを考えているのかなどの複合的要因に左右されますので、当然ながら誰にとっても、またはどんな状況でも万能なポイントなるものはありません。

ただ、そうはいっても、やはり大手企業と異なり、ベンチャー企業ならではの特性を考慮し、転職希望者が見るべきポイントはいくつかあります。

まず、これはベンチャー企業にかかわらず、転職する際に当てはまることですが、「勤務する会社としてどうなのか?」という視点と、「転職者たる個人のキャリアや成長という視点から見てどうなのか?」という両方の視点が大切です。以下、一緒に考えていきましょう。

次ページベンチャーは経営陣との距離が近い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。