美人モデルの魂がデブ弁護士の体に入ったら

デブハラ注意! 見た目重視の風潮にもの申す

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

アメリカ人の3人に1人は肥満

『私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva』DVD-BOX 7600円(税抜)
発売元・販売元:エスピーオー
(C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

アメリカで肥満は深刻な社会問題である。昨年、発表された国連の調査によれば、世界で最も肥満率が高い国はメキシコで、それまでトップに君臨していたアメリカは1位の座を明け渡した。とはいえ、成人のうち31.8%が肥満だというから、だいたい3人に1人は肥満という計算になる。

『NIP/TUCK-マイアミ整形外科医』でも書いたが、アメリカほど見た目重視の国はなく、標準よりも太っていることは就活などのビジネスシーンにおいて「自己管理ができない」と思われ、不利に働くことが多い。TVでは、肥満体の一般人がダイエットに挑戦するリアリティショーも大人気だ。

日本人の肥満はアメリカの比ではないが、それがゆえにちょっと太めぐらいでも肩身が狭かったり、自分に自信が持てないという人は多いはず。第12回は、そんな現代の風潮にもの申すとでもいうような、おデブの女性弁護士が主人公の人気シリーズ『私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva』を紹介する。

『私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva』予告編

ブロンド美人が外見も性格も正反対の女性に

ブロンドヘアに抜群のプロポーションが自慢であるモデルのデビー(ブルック・ドーセイ)。婚約者グレイソン(ジャクソン・ハースト)との関係も良好で幸せな日々を送っていたが、交通事故で突然、死亡する。天国の入り口で門番から説明を受けているとき、自らパソコンの“リターン・キー”を押し、同じ瞬間に事務所で銃で撃たれて心停止状態となっていた弁護士ジェーン(ブルック・エリオット)の肉体に魂が乗り移ってしまう。

モデルのデビーは交通事故に遭って死ぬが、天国の入り口まで行って“生還”する

自分とは外見も性格も正反対の頭脳明晰な、おデブ“ジェーン”として生きることになるデビー。事務所に新しく採用されたグレイソンとは、今度は同僚として働きながら、ジェーン(魂はモデルのデビー)は恋に仕事に頑張る新たな人生を踏み出す。

法廷ドラマとしてもきっちり見応えがある本作。最初は戸惑いながらも、メゲることなく元気いっぱい、前向きに生きる主人公ジェーンの笑顔は気持ちを明るくしてくれる。笑ってホロリときて、楽しくハッピーになれるドラマだ。世の働く女性に絶大な支持を得た『アリー my Love』と比較されることも多い。

デビーの魂だけ、太った弁護士ジェーンの肉体に入ってしまう
次ページ「足首が懐かしい」とため息
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。