リケジョ、東大女子、女性アスリートの共通点

すべての女子は「小保方さん」である【後編】

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

 

女性アスリートという生き方

【前編】では、一連のSTAP騒動に関して、小保方晴子ユニットリーダーが理系の女子(いわゆるリケジョ)だったからこそ起きたことではなかったか、と述べました。

「男性が得意とされている分野での女性の活躍は、良くも悪くも好奇心の対象となり、結果的に、激しい敵視・攻撃にさらされることもありうる」ということです。

そういう意味で私は常々、女性アスリートの生きざま・ライフキャリアに注目しています。

「運動ができる」「カラダが強い」というフィジカル面は、男性が「女性よりも優れていたい」とこだわる要素の最たるものでしょう。女性よりも強くありたい、力持ちでありたい。それが男性の根源的なプライドです。

ですから多くの女性アスリート=「運動のできる女性」はそもそもからして、男性からすると複雑な気持ちになる存在です。

それが、フィギュアスケートや新体操のように「女性の世界」であればまだしも、強さに本能的に結び付いた「男性の聖域」、たとえば柔道やボクシング、サッカーや野球であれば、なおさらです。

複雑な気持ちになった男性たち(つまり多くのメディア)は、彼女たちを純粋にアスリートとして取り上げることをせず、必ず「美人アスリート」「女性格闘家」などの枕詞をつけて報じます。それはまさに、小保方さんを「かっぽう着のリケジョ」と持ち上げたのと同じ仕組みです。さらには、彼女たちの実力や功績よりも、ルックスや私生活(彼氏はいるのか)について、やいのやいのと言い立てます。

たとえば、なでしこジャパンが脚光を浴び、川澄選手の美貌が注目された時期、インタビューでは「結婚はいつ頃を考えていますか?」といった質問が飛び交ったものです。

次ページ男の世界の女性と、女の世界の女性
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。