「ママ社員vs.女子社員」の熱き冷戦

格付け&笑顔で殴り合う女性たち

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

 

女性たちの意識は女性へ向かう

最近、女性同士の人間関係を扱った書籍が次々とヒットしています。『格付けしあう女たち』(白河桃子)、『女は笑顔で殴りあう マウンティング女子の実態』(瀧波ユカリ・犬山紙子)、『女子の人間関係』(水島広子)……。

いずれも女性同士の微妙な力関係にフォーカスを当てていて、多くの読者の共感を呼んでいます。

このほかにも「女性のファッションが、男ウケではなく、女性から褒められることを狙うものに変わってきている」だとか、「合コンよりも女子会にこそ、最も気合を入れている」だとか、女性たちの目線の変化を示すトレンドが、数多く指摘されています。

これは、「対男性」を意識してきた女性たちが、「対女性」へエネルギーをシフトし始めていることの現れ。

俗に「女の敵は女」などと言いますが、そんな陳腐な言い回しではカバーできないほど、現在の日本で、女性と女性の関係は複雑化しているのです。

次ページ女性はひとつにあらず
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。