男性社員が女性社員を煙たがる本能的な理由

会社は「おじさんと女の子」でできている!?

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

経験を重ねた女性社員は構想に入っていない

「おじさんと女の子で、会社は回っている」とは、奥田英朗の小説集『ガール』の中の一節です。

 これは、大企業を中心とする多くの日本企業が、「年齢を重ねた男性社員」と「それをサポートする若い女性社員」で運営されることが、組織の前提となっているという皮肉です。

 実際、男女雇用機会均等法が施行されたのは1986年4月。男性と女性が肩を並べて働くようになってから、まだ30年も経っていません。この数字を「十分に時間が経った」とみるか、「まだまだ過渡期」とみるかは意見の分かれるところですが、それでも「会社には『おじさん』か『女の子』しか存在しえない」という視点は、なかなかに説得力があるのではないでしょうか?

 この見立てに乗っかるならば、「若い男性社員」は「おじさん予備軍(将来的におじさんになれば、組織の中枢になれる)」だからいいとして、気になるのは「経験を重ねた女性社員」の存在です。

 多くの古い企業にとって、「能力も経験も持ち合わせた、男性と同じように(それ以上に)働ける女性社員」=「『お茶くみの女の子』ではない女性」は、30年経った今でも構想に入っていないのかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。