音声プラットフォーム「覇権戦争」の硝煙

アマゾンとグーグルの争いが激化

両プラットフォームの違いとは?(撮影:尾形文繁)

二つの音声プラットフォームが台頭し、にわかにパブリッシャーは悩みはじめている。

パブリッシャーらは、その規模の大小を問わず、アマゾンの音声アシスタントである「アレクサ(Alexa)」に、日々の時間とリソースをどう振り分けるべきか、まだ考えあぐねている。だが、今後そこに時間を割かなければならないだろうことは、誰の目にも明らかだ。

グーグルが手掛ける音声プラットフォームのGoogleアシスタントは、Googleホームはもちろん、新型スマートフォンのピクセルでも動作する。同プラットフォームは難なく、パブリッシャーに対し、グーグルアシスタント向けのボットも作るべきだと認識させた。立ち上げてからほんの数週間のうちに、ハーストやハフィントンポストを呼び込んだのだ。さらに、ベンチャービートやジニアスなど、少なからぬパブリッシャーが、音声の領域に第一歩を踏み出すパートナーとして、アマゾンではなくグーグルを選んでいる。

アレクサとGoogleアシスタントは一見よく似ているが、業界の観測筋は、大手パブリッシャーや一流ブランドが、この二つを区別して扱うと予想。「一流の開発企業は、各プラットフォーム向けにネーティブなものを作るだろう」と、ボイスラボの共同創設者であるアダム・マーチック氏は語る。ボイスラボは、音声プラットフォームの音声データを分析し、開発企業に提供している。「そうでなければ、没個性的なものを作ることになるが、それでは意味がない」。

両者の大きな違い

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

アレクサとGoogleアシスタントは、似ている点も多いが、実は大きな違いがある。グーグルは2016年11月、サードパーティのブランドやパブリッシャーが開発した「アクション」を30種類以上発表した。一方、アマゾンのアレクサには、グーグルのアクションに相当する「スキル」が、最後に数えた時点で5000以上ある。

次ページ大差ないという見方も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。