グーグル「声で家中を操作」の巨大すぎる野望

部屋全体が音声認識デバイスになる!

これが「グーグル・ホーム」 (著者撮影)

5月18日、グーグルは声で家の中の電気や空調などを操作できるスピーカー「グーグル・ホーム」を開発者会議Google I/0 16でお披露目した。家電を操作するだけでなく、「オーケー、グーグル」と話しかければ知りたいことに答えてくれ、レストランの予約まで行えるのだ。

音声で操作する筒型のデバイスは、アマゾンがすでに「エコー」と呼ばれるデバイスを提供している。しかしグーグル・ホームは、おそらくエコーよりも優れ、生活の中でより実用的な存在になるはずだ。人々のコンピュータやスマートフォンの使い方そのものを変えるかもしれない。

最も賢い音声アシスタントを搭載

グーグルは、米国カリフォルニア州マウンテンビューにあるショアライン・アンフィシアターで、開発者会議「Google I/O 16」を5月18日~20日(米国時間)に開催した。これまでサンフランシスコ市内で開催されてきたが、今回は、グーグルキャンパスすぐ横の屋外劇場が会場となった。

基調講演に立ったグーグルのCEO、サンダー・ピチャイ氏は、全体を通じて、機械学習・AI、そして自然言語処理に関する言及を行い、コンピュータの使い方を今後大きく変えていく可能性について指摘した。その最も大きなテーマとなったのが、「グーグル・アシスタント」であり、これをコンピュータやモバイルデバイスなしで利用することができる「グーグル・ホーム」である。

グーグル・ホームは、パワフルなスピーカーを内蔵した筒型の製品だ。しかし手の平に載るほど小さい。ベースの部分を変えることができ、様々な部屋のコーディーネートに対応する事ができる工夫がなされている。またマイクを内蔵しており、グーグルアプリではおなじみのフレーズ「オーケー、グーグル」と話しかけて質問をすれば、その答えを音声で返してくれる仕組みだ。

次ページグーグル・アシスタントとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。