「iPhone至上主義」は、すでに過去のものだ

「モンスト」の世界戦略は何が新しいのか

登録アプリの数は、長らくアップルのApp Storeが上回っていたが、2015年にGoogle Playストアが逆転した(撮影:大澤 誠)

モバイルアプリの世界には「iPhoneファースト」という言葉がある。いや、正確にいえば「あった」というべきかもしれない。

世界ではAndroidユーザーのほうが多勢にもかかわらず、開発者はまずiPhone向けにアプリをリリースして初期ユーザーを開拓し、Androidへと広げていく傾向がある。起業したばかりのスタートアップにとって、「1デバイス、1OS」を実現してきたiPhone向けにアプリを開発するほうが開発リソースを少なく済ませることができる。これが、iPhoneファーストの流れを作り出してきた。

しかし、この構造に変化が表れてきた。

Google Playの月間ユーザー数は10億人

ストアに登録されているアプリの総数は、長らくアップルのApp Storeが上回っていたが、2015年にGoogle Playストアが逆転している。アプリの市場調査を行うApp Annieなどの統計によると、App Storeが約150万本、Google Playは160万本と、Androidアプリの数のほうが上回った。

グーグルによると、Google Playの月間ユーザー数は10億人を超え、すでに500億本以上のアプリがダウンロードされたという。サービスの展開エリアは190カ国に拡がり、2015 年2月までの12カ月で、70億ドルを開発者に支払っている。

特に活発な動きをしているのがゲームカテゴリーだ。Google Play Gamesユーザーは、2015年5月までの6カ月間で1億8000万人と、モバイルゲームプラットホームの中では最も早い成長を遂げている。Androidユーザーの4人に3人は、ゲームをプレーするとのデータもある。

次ページGoogleはどのような支援をしているのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。