アベノミクス相場「第二幕」の始まりはいつか

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

  安倍政権と市場の「いいムード」はいつまで続くか

 アベノミクス相場の「第一幕」は終了した

野田佳彦前首相が解散を「やりましょう」といってからスタートし、安倍晋三首相が掲げる金融政策に注目が集まった「アベノミクス相場」は、1月22日に政府と日銀の共同声明が出て、「第一幕」が終わったように見える。

共同声明の内容は、日銀が「2%の目標」を明確に掲げた点で反応としての最低線をクリアしていたものの、今後の日銀の行動に曖昧さの余地を多数残す、「コミットメント」としては市場の期待を下回るものだった。結局、これまでのドル円と日経平均株価の上昇相場の「利食い」もあって、市場の反応は、為替が1円円高、株価が200円安といった、「失望売り」の形になった。

日経平均では、短期間に2000円以上も上昇したのだ。仮に、今後も上昇相場が続くとしても(先のことはわからないが…)、この辺でスピード調節があってもおかしくない。

次ページ相場が今後上昇するにしても、調整は必要だ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。