安倍首相は、パンドラの箱を開けるのか?

日中韓で新リーダーが誕生

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
大統領選に勝利した保守与党セヌリ党の朴槿恵氏。朴氏の当選は、日米韓の連携強化を後押しする可能性が高い(写真: Getty Images)

「ムーギーさん、今回はいつものような小説チックな出だしないんですか?なんか真面目で固すぎる気がしますよ。先日は“ふざけすぎ”と言ったり、今回は“まじめすぎ”と言ったり、いろいろうるさくて申し訳ないんですが……」

前回のコラムでマック赤坂氏の話に終盤1ページを割き、最後に新日本プロレスへの突撃訪問取材およびグローバルエリートファンミーティング開催を告知したことで、「最近、グローバルエリートは見た!と全然関係ないじゃないですか」と編集長にしかられてしまった。

よって今回はその揺り戻しで真面目な本文で書き出したのだが、今度は編集長から「固すぎる」と待ったがかかってしまった。ここでの教訓は、政治でもコラムでも、片方に大きく触れてはバランスを逸するということである。

前回のコラムは、出だしがクリスマスソングを歌う聖歌隊なのに写真が大きな安倍氏のポスターだったので、「これでは違和感があって読者が世界に入れない、クリスマスチックな写真にしてくれ」と強く抗議したのだが、軽く一蹴されてしまった。

いつかは売れっ子コラムニストになって、このような恥辱を味あわないですむよう編集部の信頼を獲得し、捲土重来を果たしたいものである。

日本に比べて格段に高い韓国の投票率

零下9度は韓国の大統領選史上最も寒い一日であったが、投票率は75.8%と前回70.8%、前々回63%に比べても格段に上がっている。これは数日前に史上最低の59%まで投票が落ち込んだ日本の衆院選と対照的である。

韓国では選挙に関する関心は皆高い。二週間ほど前、ソウルにいたのだが、タクシーに乗るたびに「今の政治はどう?」「どっちに投票する?」と聞くと、誰もが質問にのってきて、情熱的に答えてくれる。

やれ「財閥優先で貧富の差がひどい」「安哲秀候補は頭はよくても政治経験がないので、いきなり大統領は無理だ」「李大統領は全然ダメだった」「フィリピンやドイツでは女性の指導者が立派にやっているので、韓国も女性でも大統領になれるところを早く見てみたい」などなど、話がとぎれることがない。

与党セヌリ党の朴槿惠氏に対峙したのは、盧武鉉元大統領のかつての側近であり、人権派弁護士出身の民主統合党文在寅氏。3度の直接テレビ討論会では弁護士出身の文候補がやや優勢であったが、テレビ討論を見て支持者を変えたのは5%に過ぎなかった。

次ページ高齢者 VS 若者
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。