安倍総裁、日銀操縦法を伝授します

「アベノミクス」成功の秘訣とは?

安倍政権が誕生する。

安倍氏がこれまで主張してきた経済政策は、アベノミクスと揶揄されているが、新政権が新しい経済政策を打ち出そうとするのは当然であるから、我々としては、それをよりよいものにするために提言をする義務がある。

ここでは、アベノミクスがスタートから躓くことのないよう、持続可能な政策として落とし込む提案をしたい。

安倍総裁は期待をコントロールできるか

アベノミクスに関する一番の懸念材料は、花火を打ち上げておいて失速することだ。失速とは、実体経済でなく、期待値のほうである。期待値で株価も為替も動いているから、当初3カ月内での期待の失速は禁物だ。

まず、株価と為替の上昇だが、これは、これまでの日本株の出遅れ、過度の円高の調整という面が強い。安倍氏の発言は絶好のきっかけにはなったが、モーメンタムとなったのは、まず、世界的なリスクオフからオンへの流れでの、世界的な株高やユーロの回復が背景にあることが大きい。日本株と日本円だけ調整が遅れていたのだ。

また、仕掛けるなら円安方向、株高方向であったために、短期の仕掛けにおいても、円安、株高の流れになりやすかった。さらに、今後、米国の「財政の崖」の解消をきっかけに、さらなる株高、リスクオンの流れを作ろうと待ち構えているから、中期の方向も、円安株高で間違いない。こうなれば、動かないほうがおかしい。

今後、直近は、世界的な動きの中で、円相場も日本株もさらに動くと思われる。だが、その後は、反転するか、流れが継続するかはわからない。そうなると、米国の要因でなく、日本の政策要因で相場が動くことになろう。それが怖い。政治的な動き、金融政策の動きあるいはその効果が、期待に応えられないものとならないようにする必要がある。そのためにはどうするか。

それは、期待をコントロールすることである。

これまで安倍氏が述べてきた政策は、実現性、実効性がともに伴わない。例えば、インフレターゲット3%ならば、一生かかっても実現できない。オイルショック以来日本経済はバブル期においてすら、インフレ率が3%に達したことはない。

安倍氏も、3%は2%に修正したが、逆に言えば、インフレ率3%あるいは4%とまで言っていた、通称「政策ブレーン」がいたわけだから、彼らとは離れた政策を実施する必要があるということだ。 

次ページオイルショック以来、日本経済はインフレ率3%の達成はない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。