13年はアメリカ経済復活元年になる

ぐっちーさんが読むアメリカ

今年はアメリカ経済復活元年になるのではないか、と踏んでいます。

昨年10月からの住宅着工件数の改善は劇的です。根雪のように残っていた住宅ローンのネガティブエクイティーがFRB(米連邦準備制度理事会)のMBS(資産担保証券)買い上げによって、かなり解消しました。

同時に連銀が買い上げくれるので住宅ローンの証券化がたやすくなったため、銀行が住宅ローンを供与しやすくなってきており、それにつれて需要が刺激され、まず在庫が劇的に減少。そして住宅価格が上昇、いよいよ動き出した、と言えるでしょう。

アメリカと日本の住宅市場は「まったくの別物」

実際はレベル自体はまだまだ低く、住宅着工は年率換算で100万戸を超えるか超えないかというところです。実はこれですと、せいぜい1990年代前半のレベルなのでありまして、アメリカはそれこそ「失われた20年」になってしまうわけですが、最悪期が年率換算で50万戸を切っていた現実から考えてみれば、よく戻してきたと言えるのではないでしょうか。

この住宅セクター、日本の住宅市場を想像すると間違います。日本よりよほど大がかりな仕組みができており、それにかかわるセールス、広告、更にローンの売りこみ、借り換えを施すセールスなどなど、膨大な人間がかかわるビッグマーケットなのです。

従いまして、雇用面でも製造業(GDPのせいぜい8%)が回復するより、この住宅セクターの回復が与える影響はかなり大きいと考えねばなりません。

次ページアメリカの住宅市場の回復は本物だ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。