君はスカーレット・ヨハンソンの映画を見たか

美人女優が出演するSF4作品の魅力

スカーレット・ヨハンソン(写真左)といえば、2015年公開となった『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(マーベル・スタジオ)で演じるブラック・ウィドウの存在感が映画好きの記憶に新しい(写真:PictureLux/アフロ)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。
音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回は、前回に続きSF/ファンタジー大作=の大特集だ。

 

こちら方面の作品がお好きなら、ブルーレイを(レンタルではなく)そろえておきたい作品ばかり。今回はなぜかSF作への出演が続く、今が旬の美人女優スカーレット・ヨハンソン出演作(『her/世界でひとつの彼女』では声優)を4本採り上げてみた。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』は、ご存じマーベル・コミックの人気スーパー・ヒーロー“キャプテン・アメリカ”をフィーチャーした『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)の続編にして“アベンジャーズ・プロジェクト”の一つ。アベンジャーズのリーダーともいえるキャプテン・アメリカと紅一点のブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、彼らをひとつのチームにまとめたニック・フューリーなどが、アベンジャーズ抹殺の危機に立ち向かう壮大なアクション超大作で、一般的な人気度では本作こそ今回の特選でもおかしくない。

モノ・マガジン12月2日号(11月16日発売)。特集は『君の知らないアマゾン』『2015-2016カーライフUP!』『東急ハンズ特選革小物』などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』は、いまやセクシー女優No.1のスカーレット・ヨハンソン(初のフルヌードに挑戦!)が、男を捕食していく宇宙で最も美しく、最も危険な捕食者=エイリアンを演じた全世界注目のSFスリラー。独特なテイストに、ある種のもどかしさを感じてしまうヒトもいるだろう。その分、ラストで新鮮な衝撃を味わえる。

『her/世界でひとつの彼女』は、『マルコヴィッチの穴』(1999年)『かいじゅうたちのいるところ』(2009年)の鬼才スパイク・ジョーンズ監督による近未来ラヴ・ストーリー。最新AI(人工知能)型OSサマンサ(声はスカーレット・ヨハンソン)に恋してしまった男のお話は、すぐにでも実現しそうで恐い。こんなのが売り出されたら、男女の未婚率はさらに急上昇間違いなし!?

アメリカでは大ヒット作となった『LUCY/ルーシー』は、カリスマ(?)リュック・ベッソン監督の16作目に当たる話題作。覚醒していくスーパー・ウーマンを描いた本作は、日本のネット界では賛否両論渦巻く。ベッソン作をいつまでも『ニキータ』(1990年)や『レオン』(1994年)と比較して批判し続けるのは不毛な行為だろう。たかみは(ややアッケないラストを除けば)わかりやすいSF娯楽作として十分楽しめた。

次ページスカーレット・ヨハンソン出演作、まずは3作品
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。