リーダーに必要な「しんがりの思想」とは?

鷲田清一氏が説く「政治リーダー論」

右肩下がりの時代。市民も受け身になり、責任を問う力が劣化している(ロストコーナー/PIXTA)
「右肩下がりの日本社会」でどう生き抜くべきか。臨床哲学の大家である鷲田清一氏は、新著「しんがりの思想」で浅薄なリーダーシップ論を一蹴し、市民の心の持ち方を説く。

──現在の社会の状況をどのように考えていますか。

日本は人口減少社会に入っています。そうしたとき、私自身若い人たちにたいへん申し訳なく思っています。

修復が不可能な原子力発電所の事故を起こしてしまい申し訳ない。国は1000兆円を超える借金がありながら、いまだ借金を増やしている。申し訳ない。経済が回らないと言って将来世代の所得の先食いをし、公共事業をやり続けている。申し訳ない。すべて申し訳ないとしか言いようがありません。

私はこれまでずっと臨床哲学を専門にやってきました。現場で知恵を発見する。そこでさまざま考えてきましたが、ここで一度、明治以降の市民社会のあり方、社会はどこに向かっていくのか考えたいと思いました。これが(「しんがりの思想」)執筆の最大の理由です。

市場原理を持ち込んではいけない領域がある

阪大で理事、総長として組織運営に携わってきました。その間、文部科学省から大学改革の実行プランが示されました。大学の自由度が上がったという声もありますが、大学の使命が瓦解するという危機感を持ちました。世の中には医療、介護、教育など市場原理を持ち込んではいけない領域があります。学問や芸術には中期計画や査定などはなじみません。

米国ハーバード大学は合衆国の歴史より古い。哲学は3000年間考え続けている。芸術は洞窟壁画から始まる。国家や、まして市場原理などよりよほど古いのです。

大学教育の場に市場原理を持ち込まれたことに対する危機感も、執筆動機の一つです。

次ページ市民が国家に押しつけ、責任放棄してきた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。