北朝鮮と中国 打算でつながる同盟国は衝突するか 五味洋治著

北朝鮮と中国 打算でつながる同盟国は衝突するか 五味洋治著

北朝鮮にとって中国は、食糧・エネルギー・貿易・技術・安全保障のすべてにおいて、国家存続の生命線。一方、中国にとって北朝鮮は、地政学上重要な対米緩衝地帯であり、豊富な地下資源など「埋蔵利権」の宝庫でもある。

関係良好で一心同体に見える両国は、油断ならない隣人同士として実際は恐れ、警戒し合っていると、新聞記者の著者は見る。その熾烈な駆け引きの背後にある互いの思惑を、緊張と協力の歴史とともに分析。さらに、北朝鮮の核やミサイルの開発、日本にとって懸案の拉致被害者の帰国問題、加えて北朝鮮の混乱・崩壊時における米中の動向にも踏み込んで予測する。

極東アジアのキーポイント、中朝関係の行方を探る。

ちくま新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。