現代の科学者には、どんな教養が必要か?

山折哲雄×鷲田清一(その3)

 これまで「和魂漢才」と「和魂洋才」で生きてきた日本人。グローバル化が急速に進む中 で、日本人はあらためて「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を問われている。これからの時代を生き抜くために、日本人に求められる教養とは何か――。 宗教学者の山折哲雄氏が、有識者との対談を通して、日本人の教養を探る。
 第1回目は、哲学者で大阪大学前総長の鷲田清一氏を迎えて、日本の教養の系譜と、西洋の教養との違いを語る。
(企画協力:こころを育む総合フォーラム

 対談(その1):日本人の教養と、根深い西洋コンプレックス

 対談(その2):教養をめぐる、経済界トップの勘違い

専門と人格は切り離せるのか

山折:教養の問題を語るときには、専門とのかかわりを考えることが不可欠です。世界的なレベルで考えると、専門については2つの道があると思います。

ひとつ目は、人間としての成熟がまずあって、その上に初めて知の世界が豊かに花開くという考え方です。単なる知だけでは、専門的な知識としても学としても十分ではない、人格と知の世界は切っても切れない関係にあるという認識です。人格主義的な知ともいえます。

もうひとつは、それまでの知の集積に対して、1ページでも1行でも新しいものを付け加えれば、それこそが専門的な知だという考え方です。自然科学的な知といえるかもしれません。その1行、1ページのためにしのぎを削る、あるいは命を削るというかたちで、専門知を追求するあり方です。

日本の伝統的な知のあり方は、どちらかというと、人格主義的な知。人格抜きの知識は単なる知識にすぎない、断片的な知にすぎない、あるいは血肉化されてない、したがってそれは、社会のためにならない、人を感動させない、といった価値観がついてくるわけです。

その根っこを訪ねていくと、伝統的な儒学者の生き方というものがまさにそうであって、それを何とか近代に継承していこうという動きがあります。そういう生き方を受け入れる専門分野と受け入れない専門分野がありますが、どちらかというと、西洋から入ってきた学問は、そういう生き方を排除して、いかに新しい知を付け加えるかを要求します。新しい発見がないものは、いくら当人であっても、専門家として十分ではないという評価です。

西洋近代の学問のあり方の究極は、やっぱり1ページ、1行何を付け加えるか、あるいは、付け加えてないかにあるのではないでしょうか。

鷲田:それは、現代科学、あるいは近代科学の話ですね。

山折:哲学の歴史の中ではそういう傾向は見えませんか。

鷲田:要するに、知識をただ持っているものとして考えるのではなくて、それをどう使うか、あるいはどう生かしていくか、という問題だと思います。つまり、知識の使用という問題です。

あの人はたまたま恵まれた知的才能を磨いて貧しい人や国のために使った、というふうに、その人の生き方まで包含しているのが、先生のおっしゃる人格主義的な知ですね。

次ページ知性の公的使用とは何か
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。