丸紅の株価が低迷している3つの要因とは?

株主からの指摘に要因分析を披露

パレスホテルで開かれた丸紅の株主総会には、前年比でほぼ倍増となる3057人の株主が集まった

異例の盛況ぶりは、会社の株主還元方針に対する不満の現れでもあるのだろうか――。総合商社大手の丸紅は6月19日、午前10時から約2時間にわたり東京・千代田区のパレスホテルで第91回定時株主総会を開いた。

昨年8月に最低投資単位を1000株から100株に引き下げたことから、株主総数は個人株主を中心に前年の14万3517名から19万3690名と大幅増。来場者数も前年の1660人から3057人と倍増し、同じホテル内に異例の第2会場を設けての開催になった。

取締役12名を選任する第1号議案、監査役1名の選任に関する第2号議案とも承認された。経営陣と株主とのやり取りは、社外取締役や監査役に対する質問から、2014年度に減損損失を出した米穀物大手ガビロンの今後の戦略、米国利上げへの対応まで多岐にわたったが、特に目立ったのは、伸び悩んでいる株価と株主還元方針に対する発言だった。

同業他社は年初来高値を更新

「マーケットどおりに丸紅(の株価)だけが評価されていない」「ほかの大手の商社と比べて、はなはだ丸紅の株価が劣っている」――。こうした株主の発言に会場内は拍手が沸き起こった。

原油や金属の市況下落により、2014年度の総合商社は軒並み資源関連の減損を強いられた。ただ、足元では原油相場が底を打ち、日経平均株価の回復とともに商社株は「出遅れ割安銘柄」として見直され、丸紅を除く大手商社は5月に年初来高値を更新した。その中で、丸紅だけは年初以降、足元も1株=700円強で伸び悩んでいる。予想PER(株価収益率)も6.8倍と、ライバルの総合商社の8~12倍に比べて差が開いている。

次ページ会社側の言い分は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。