孫社長「これから来る時代の前髪をつかむ」

柳井氏は"数十兆円規模の勝負"を予想

ソフトバンクの株主総会には今年2895人が足を運んだ。お土産はなかったが……。

「大企業に成り下がらない」「まだまだ満足していない。長期で大きく成長する」。グローバル展開の加速を明言するソフトバンク・孫正義社長は、今後の成長路線を強調した。

6月19日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開かれたソフトバンクの株主総会。会場に訪れた株主は2895人(昨年は3847人)。剰余金の処分、定款一部変更、取締役9名選任、監査役2名選任の議案はすべて承認された。午前10時開始で、所要時間は2時間05分(昨年は2時間07分)だった。なお、この総会において、元グーグル幹部で孫社長が「後継者候補の筆頭」と語るニケシュ・アローラ氏が代表取締役副社長に選任されている。

冒頭、孫社長は現在の事業環境に加えて、投資戦略を語った。今後GDP(国内総生産)で世界トップ争いを繰り広げる中国とインドに重点的に投資し、金融テクノロジーやeコマース分野を特に強化すると宣言。また、中長期的な注力分野として、IOT(モノのインターネット)、AI(人口知能)、スマートロボットを例に挙げた。「これからの時代を先読みして静かにタネを植えていく。時代が来たときには、その前髪をつかむ。私は前髪をつかみすぎてヘアスタイルがこんなになってしまいましたが(笑)」などと冗談も交えて、経営方針を語った。

ソフトバンクは、一昨年にはオリジナル体組成計、昨年はロゴが入った「とらや」の羊羹を来場者にお土産として用意していたが、今年は取りやめた。「会場に来られない株主の方も多い点に配慮した」(広報室)からだ。株主との主な質疑応答は次の通り。

「時価総額で世界のトップ10入り」の旗降ろさず

――グローバルのソフトバンクということで記念すべきタイミング。(社外取締役の)永守(重信)さんと柳井(正)さんの「大ぼら3兄弟」から一言いただけないか。

孫社長 2010年に発表した「新30年ビジョン」では、時価総額で世界のトップ10に入るとしていた。何としても実現させる。これを私の大ぼらにさせていただきたい。

永守取締役 今日はソフトバンクの総会だから、私の大ぼらは、わが社の株を買った方に、日本電産の総会でじっくりと申し上げたい。孫さんの大ぼらを実現させるよう、一生懸命サポートするのが私の役目だ。

ソフトバンクの社外取締役としては、「今後は何十兆円の勝負をしなければ」と語ったファーストリテイリングの柳井正社長

柳井取締役 孫さんが本当にやるときは、今日のように冷静に、静かに話をする。目がすわってくる。

ただ、ほらがほらで終わらないためには会社が潰れず、継続することが大事。今までは数兆円の勝負だったが、これからは何十兆円の勝負をしてグーグルやアップルを超えなければならない。この10年間、何回も「これで大丈夫か」と思うことがあったが、今後10年間はもっと大きく成長する。失敗してもいいが、継続できるようにお願いしたい。

次ページアローラ氏はゲイツ、ジョブズ並み?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。