KDDIは株主の収益拡大要求に、こう答えた

今後の戦略に質問が相次いだ今年の総会

品川プリンスホテルで開かれた株主総会には、昨年より197人多い574人の株主が来場した

KDDIは6月17日、東京都港区の品川プリンスホテルで株主総会を開催した。今回の所要時間は1時間54分(昨年は1時間55分)。会場に訪れた株主は574人(同377人)だった。

剰余金の処分や定款の一部変更、取締役13人の選任、取締役などに対する業績連動型株式報酬制度の導入、公益事業を実施するKDDI財団の活動支援を目的とした有利発行による自己株式の処分、などの議案はすべて承認された。

田中孝司社長は冒頭、「2014年度は順調に業績を伸ばすことができた」としつつ、2015年度については、スマートフォンやタブレットに加えて、LTE回線を利用しスマホのような機能も備えた従来型携帯「ガラホ」などバラエティのある端末を提供すると説明。auショップを活用した物販、5月に出資したライフネット生命と連携したサービスの強化、グローバル事業におけるミャンマーの通信エリアの拡大などについても言及した。

今回はお土産として、パティスリーキハチのバームクーヘンセット(税込1296円相当)とオリジナルタオルが用意された。お土産はKDDIとしては初の取り組み。昨年、株主からリクエストがあり、これに応えた格好だ。株主との主な質疑応答は以下のとおり。今後の戦略面について多くの質問が寄せられた。

端末に加えて金融なども伸ばす

――売上高の伸びが弱い。今後は大きな成長は見込めないのか。

田中社長:今年度は2013年度から始まった中期戦略の最終年度。2016年度以降については、来春に新しい計画を発表する。今はスマホだけではなく、タブレットも急激に伸びている。ルーターも伸びている。端末はまだ伸ばしていけるだろう。そのほか、金融、物販などのサービスをユーザーに提案していくことで売上高の増加を目指したい。

――独自カードサービス「au WALLET」(プリペイドとクレジット)の収支の状況は?

両角寛文副社長:流通額は3800億円に拡大している。収入は決済の手数料収入で、コストはカードや送付にかかるものがある。前期は173億円程度のコストがあり、赤字だった。より使ってもらえるようにすることで、黒字化していきたい。

次ページ自己株活用の有効策は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。