TOEICだけでは英語は話せない!?

日本の教育を変えるキーマン 千田潤一(3)

 こんにちは、安河内哲也です。英語教育の専門家にお話を伺う本連載。今回、インタビューさせていただいた英語トレーニング法指導者の千田潤一先生は、長きにわたってTOEICの普及に尽力されてきました。しかし、せっかくスピーキングとライティング試験があるにもかかわらず、リスニングとリーディング技能を測定する部分だけが偏重され、990点満点を何回も獲得することが究極の目標のようになっている現状には疑問を呈しています。これからの日本の英語教育は、どこを目指せばいいのか? そしてTOEICとはどう付き合っていくのがベストなのか? 千田先生の英語との出合いや驚きの学習法なども伺いましたので、最後まで読んでくださいね。
(1)「英語は『覚えるまで音読する』」はこちら。
(2)「TOEIC満点を目指すだけの人はダメ」はこちら。
千田潤一先生との対談、まだまだ続きます!

TOEIC伝道師の最高点が955点のワケ

安河内じゃあ、TOEICの受験も以降はせずに?

千田はい。満点目指すのはストップ。ほかの試験の受験もすべてストップ。だから僕のTOEICスコアは955点が最高なのです。

安河内それでも、英語トレーニング指導者の第一人者として活躍されているし、英語のスピーチも、実際、お手の物ですものね。

千田あ、でもその後、TOEIC Bridgeができたての頃に、TOEICに依頼されて受けてみたら、満点取っちゃったな(笑)。

北岡さんが亡くなる直前にこんなふうに言っていました。

「一生懸命TOEICを普及させてきたけれども、日本人が英語でコミュニケーションができないということを、拡大鏡で見せたにすぎない。残念でならない」

TOEICスコアの先にあるもの。minimum standardのスコアをクリアして、「英語を学んで使いこなせるようになれば、こんなすばしい世界が広がっているよ」と、夢描いた世界に飛び込んで生き生きと活躍する日本人を見るのが北岡さんの夢だったのに……。現実にはTOEICスコアで足切りをされて落ち込んでいる人がいる。一方でTOEICスコアが高いからという理由だけで、威張っている人もいる。

TOEICのせいで日本人は英語が話せない、書けない!?

安河内私の目から見るとTOEICは2000年代ぐらいから暴走が始まった気がするのです。つまり、LRのスコアをチェイスする方向に、英語教育界も英語学習者も猪突猛進するようになってしまった。結果としてLRしか勉強しなくなりました。

2000年代までは、従来、見向きもされなかったリスニング学習を普及させて、日本の英語教育にすごく貢献した。けれども、さらに必要とされるそこから先の進化については、ブレーキをかけてしまっている。ここ7~8年はそんなネガティブな側面ばかりが目立ってきてしまっているように思えてなりません。LRをチェイスするあまり、SWの学習はまったくやらない。日本人の英語学習者が全体的にそういう性質を帯びてきています。

そこに憂いを感じた人が、おそらく、TOEIC スピーキング(S)テスト、ライティング(W)テストを作ったということだと思うんですね。TOEIC SWは米国のETSではなく日本側が発案したテストですよね?

次ページTOEIC800点を超えたらSWテストを受けよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。