「稲垣吾郎」を抜いた日経平均株価

2006年の第3次小泉政権の高値を奪回

12月1日午前終値は1万7601円。終値も1万7590円と「稲垣吾郎」を超えた(AFP=時事)

ついに日経平均株価が稲垣吾郎を抜いた――。そういわれても、何のことか、よくわからないかもしれない。12月1日、日経平均は前日比で130円上昇。終値で約7年4ヵ月ぶりに1万7500円台を回復、1万7590円となった。この終値が、語呂合わせの「1・7・5・6・3」(イナガキゴローサン、1万7563円)を抜いたのだ。

なぜカブドットコムは稲垣吾郎をキャラクターに起用?

「稲垣吾郎」越えに、大いにわいているのが三菱東京フィナンシャルグループ系のカブドットコム証券だ。

実はカブドットコムでは今年4月からSMAPの稲垣吾郎さんをイメージキャラクターに起用。同社は、今年は創立15周年、東証1部上場10周年を迎えるにあたり、アイディアマンで知られる斉藤正勝社長を中心に「インパクトのあるキャラクターを起用したい」と、昨年12月ごろから「イメージキャラクター」を検討してきた。

歌手や俳優などいろいろな候補が出ては消えたが、最終的に稲垣さんで行こうと決断したのは斉藤社長。内閣官房のITコミュニケーション戦略活用会議のメンバーでもある斉藤社長は、安倍政権の関係者が株価にコンシャスであり、小泉政権を意識していることを肌で実感しており、そこで稲垣吾郎さん(1・7・5・6・3)の起用を思いついたというわけだ。

実は、リーマンショック前の、日経平均の高値は2007年7月の第1次安倍政権時代の1万8261円(終値ベース)。カブドットコムでは、この高値の突破はいきなりは無理としても、「2014年度中に、第3次小泉政権時代の高値である2006年の1万7563円を超えてほしい」(荒木利夫・執行役営業本部副本部長)との思いがあった。

次ページジャニーズ事務所からOKが降りた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。