「グローバルやんちゃ夫」が作る"最高の会社"

「従業員は家族」経営でも利益を出す、夫婦の戦略

地方都市で、やんちゃ夫とその妻が目指す最高の会社とは?

岩手県盛岡市の郊外にある「川上塗装工業株式会社」は、一見、普通の塗装屋さんだ。1~2階吹き抜けの資材置き場と併設されたオフィス。一歩室内に入ると、若いカップルが迎えてくれた。社長の川上秀郎さん(35歳)と専務の冴華さん(31歳)。ふたりで2歳の娘を育て、従業員7人の会社を切り盛りしている。

結婚して8年目。夫が独身時代、26歳のときに創業した会社は10年目を迎える。「社長になった動機」が面白い。

「見返してやる」。いったい誰を? 近所の人を。どうしてそんなふうに思ったのですか? 「あそこのバカ息子、と思われていたはずだから、社長になって見返してやりたかったんです」。

ストレートな本音の背景には、少年漫画の世界があった。秀郎さんの「やんちゃ」ぶりは半端なく、中学生のときは警察や消防署のお世話になったほど。母親からは「一緒に死のうと思った」とか、「あんたひとり育てる労力で、おとなしい女の子なら15人育てられる」と言われたほどだ。

この子はどうなってしまうのか……。心配した母が息子を託した先は「マグロ漁船」。秀郎さんが乗り込んだのは、遠洋漁業でブラジルまで行く船だった。先輩船員との顔合わせで15万円もらうと、15歳の少年は即「乗ります!」と答えていた。

1年半、そのマグロ漁船に乗った。現金が飛び交う世界で、3カ月に1回45万円もらえた。そして秀郎少年のやんちゃは、海を越える。スペインのラス・パルマスに着いたとき、勝手に船を降りて逃げ出してしまったのだ。「8カ月くらい遊んでいました」。ビザもなし、船員手帳もなし。不法滞在である。

でも、当時を思い出す秀郎さんの表情は本当にうれしそうだ。港町で「ポン引きのトニー」や「マルコ」と遊ぶ日々。言葉も何となく通じる。身元不明のアジア少年の存在は、やがて地元で知られるようになり、日本に強制送還されたのは、16歳か17歳のときだという。まさに、グローバルやんちゃ。

次ページ消えた、妻の貯金360万円
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。