日本の夫は「18時退社夫」に変われるか?

昭和的な専業主婦家庭からの”進化”

ニッポンの夫婦が“変異”している? 「夫は外で働き、妻は家庭を守る」など今や昔。この連載では「産後クライシス離婚」から「イクメン幻想」まで、刻々と変化する現代の夫婦たちを、女性・夫婦問題に詳しいジャーナリストの治部れんげさんが追います。共働き、主婦家庭、主夫家庭……それぞれの夫婦は今どうなっているのか?
「成果を出しつつ、19時帰宅がモットー」。大手パッケージングメーカー・レンゴー勤務の吉原卓也さん

「営業は24時間365日」が当たり前と思っていた。朝から晩まで働き、接待にいそしみ、帰宅は夜11時、12時。家のことは主婦の妻がすべて責任を持つ。仕事優先の生活を、結婚後も8年間、続けた。昭和な家庭に育った妻は、それを「当然のこと」として受け入れた。2年の遠距離恋愛の後、妻は結婚退社し夫の勤務地へ。妻にとっては誰も知り合いのいない土地だった。

当時のことを思い出し、夫は言う。「妻は実家からも遠く、身寄りもない中で寂しかったと思いますが、私には、その部分への想像力は、恥ずかしながらまったく及びませんでした」。

主婦家庭の夫が、ワーク・ライフ・バランスを考えることはできるのか。そんなぜいたくは「子育てしながら働く母親の特権」なのか。仮に男性にも可能だとしたら、それは「バランスを取っている」のではなく「キャリアをあきらめただけ」ではないのか。

今回登場する、吉原卓也さんは、こうした疑問に身をもって答えてくれる。スーツを着て大企業で働く営業マン。その肩には妻と娘2人の生活がかかっている。そういう日本中にたくさんいるお父さんたちが大黒柱としての責任を果たしながら、家庭参加はどこまで可能なのか。

長時間労働を生きた上司の、思いがけない一言

外形標準から言えば、現在、吉原さんは「仕事と家庭生活の調和」が取れた生活を送っている。目標帰宅時刻は毎晩7時。「家族の夕食に途中からではありますが、加わることができる」時間帯だ。その後はお皿を洗い、2人のお嬢さんをお風呂に入れ、寝かしつけるところまで、家事と育児を担う。

……と書くと「またイクメン自慢か」と思われるかもしれないので、あらかじめ断っておきたい。彼は自分の家事育児参加を、いっさい、自慢しない。

「夜7時からの家事なんて、たかが知れていますけれど……」と付け加える。この一言に、家事は手伝ったくらいで終わるものではない、という主婦業の大変さへの理解がにじんでいる。

働き方を変えたきっかけをくれたのは、直属の上司だった。第1子が生まれた2008年ごろ、ファザーリング・ジャパン設立者の安藤哲也さんが書いた本を、上司から手渡された。当時の吉原さんは仕事優先と考えていたから、「こういう世界もあるんだ……と驚きました」。長時間労働もいとわない職場だったが、いや、そうだったからこそ、上司たちは吉原さんに言った。「家庭を大事にしたほうがいいよ」。そこには、自身の生き方への反省も込められていたかもしれない。

次ページ部のノルマ3割を稼ぎながら、「帰る」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。