実録!35歳以上さんの「理想の伴侶探し」

MAX上がり切った結婚の条件を下げるか、貫くか

 「結婚難」が止まらない。日本人の平均初婚年齢は年々上昇し、男性は30.7歳、女性は29歳。社会人歴が長くなり、ガチガチに自我が固まりゆく一方で、恋愛感度は下がり続ける。35歳を超える頃になると、「もはやどうやって結婚にたどり着けるかわからない」という人も少なくないだろう。そこでこの連載では、“35歳以上婚”を果たした「晩婚さん」に会いに行く。晩婚さん、どうやって結婚をつかんだのですか? あなたの晩婚は幸せですか?

育休・時短制度が充実した超大企業の正社員で、大学教員(パーマネント雇用)の夫との間には2人の子ども。しかも、女の子と男の子を1人ずつ。井上綾子さん(仮名、42歳)は、『負け犬の遠吠え』的に言えば、完璧な「勝ち犬」であり、男の僕ですら嫉妬心をかき立てられそうになる。

しかし、綾子さんが36歳で結婚した「晩婚さん」だと聞くと、反感ではなく親近感と勇気が湧いてくる。彼女の幸福は運と努力の賜物なのだ。長く社内恋愛をしていた恋人から34歳のときに別れを告げられ、10人近くとお見合いをした末に、綾子さんは意外な場所で夫となる信一さん(仮名、38歳)と出会った。まずは時間をさかのぼり、前の恋人との別れたところから始めよう。

「君は僕を好きじゃない」…34歳でまさかの破談

イラスト:堀江篤史

相手は新入社員研修のときから知っている同期。20代後半から付き合っていた。お互いの親にも会って結婚しようと思っていたが、あるときに「君は僕のことを大好きじゃないよね? だから結婚はできない」と言われてしまった。綾子さんは「今、思うと図星です」と振り返る。

「私自身は『早く結婚しなくちゃ』と思い込んでいて気づかなかったのですが、彼を尊敬はしていかなかったし、どこかで気持ちが冷めていたのだと思います。

彼は家族思いで優しいところがあるので好きだったけれど、仕事ができるようには見えなかったし、自己顕示欲は人一倍強いので、陰で上司の悪口を言っていました。『オレは本当はもっとすごいのに、アイツは何もわかっていない』と。同期として『小っちゃい人だなー』と思っていました。でも、私から別れを言い出すことはできません。結婚はやめよう、と言ってくれたことが彼の最後のナイスプレーです。感謝しています」

この彼と結婚していたら「器の小さい男なので尊敬できない」とは指摘しないだろうし、現在も独身だったら彼に感謝はできなかったかもしれない。ただし、綾子さんはフラれた悲しみと怒りで心身が停滞してしまうタイプではない。むしろ出会いを求めて積極的に行動を始めた。

「彼と別れて土日が暇になったので、結婚相談所に登録しました。恥ずかしい気持ちはありませんよ。30代半ばで結婚していないのはすごく遅いな、と自分では思っていたし、地方に住む母からは『結婚はしないのか』と何度も言われていました。仕事が忙しすぎるわけでもないし、結婚はしたい。でも、相手がいないんです。結婚相談所で『会いたい』という希望を出しても、相手から断られたこともあります。20代ではない私に市場ニーズはないんだな、と感じました」

次ページドイツ、女2人旅で夫候補に遭遇
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。